ヒロシマモナムール

[PG12相当]一夜の情事、甦る戦争の記憶…フランス人女性と日本人男性の広島での1日を綴った映像詩
"HIROSHIMA MON AMOUR" by Alain Resnais © 1959 Argos Films

解説

フランスの名匠アラン・レネの初長編作。男女2人が交わす会話に戦争の映像を交え、人間の内面を掘り下げる前衛的なアート映画に仕上がった。カンヌ国際映画祭の国際映画批評家連盟賞と映画テレビ作家協会賞を受賞。

ストーリー

広島を舞台にした映画の撮影で来日し、広島に滞在しているフランス人女優。彼女は偶然知り合った建築家の日本人男性と気が合い、翌日には家族の待つパリへ戻る身でありながら、一夜限りの情事にふける。やがて2人は、お互いの心の内や過去を少しずつ語り合っていく。いつしか彼女の脳裏には、忘れかけていた戦時中の記憶が甦る。彼女は故郷ヌーブルでドイツ兵と愛し合い、ドイツ降伏後に恋人を殺されるという悲劇を体験していた。

放送日時

ザ・シネマでは、映画本編開始前にオープニング映像および番組宣伝等が入りますが、各作品の「本編時間」には含まれておりません。あらかじめご了承ください。
※番組内容・放送スケジュールは都合により変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。

※ザ・シネマのウェブサイトがKINENOTEのユーザー・レビューを読み込みに行くのは1日に1度、早朝ですので、KINENOTEに感想を書き込んでも ザ・シネマ側にそれが表示されるまでにはタイムラグがあります。悪しからずご了承ください。

原題

HIROSHIMA MON AMOUR

監督

アラン・レネ

出演

エマニュエル・リヴァ岡田英次ベルナール・フレッソンアナトール・ドーマンほか

製作国

フランス/日本

製作年

1959

本編時間

92分

画面サイズ

スタンダード画面

視聴制限

PG12相当

字幕/吹き替え

字幕

カラー/白黒

白黒

『ヒロシマモナムール』"HIROSHIMA MON AMOUR" by Alain Resnais © 1959 Argos Films
このページの先頭へ
ページトップへ