クローズ・デイ

超能力に目覚めた少女が、光と闇の戦いに飛び込む!ロシア製作の超能力SFバトル・アクション大作!
© 2013 Central Partnership

解説

ロシアの人気SF作家ディアチェンコ夫妻による同名原作を映画化。『ダーケストアワー 消滅』を手がけたVFXアーティストのアルカディ・ドゥビーニンが、光と闇の壮絶な超能力バトルをスケール満点に描き出す。

ストーリー

小学校のスクールバスが事故で横転し、川に投げ出された少女ダーシャは水中で謎の男から不思議なペンダントを手渡される。それから現在。大学生になったダーシャは、再び現れた謎の男から「このペンダントがあれば“人ならぬもの”が見える」と教えられる。人間の生命エネルギーを吸収する、闇の世界の影たちの暗躍に気づいたダーシャは、“デリバリー・サービス”と名乗る超能力者集団と共に闇の世界との戦いに挑む。

放送日時

2017年12月07日(木) 深夜 01:00 - 深夜 02:45

2017年12月18日(月) 深夜 03:45 - 深夜 05:30

ザ・シネマでは、映画本編開始前にオープニング映像および番組宣伝等が入りますが、各作品の「本編時間」には含まれておりません。あらかじめご了承ください。
※番組内容・放送スケジュールは都合により変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。

※ザ・シネマのウェブサイトがKINENOTEのユーザー・レビューを読み込みに行くのは1日に1度、早朝ですので、KINENOTEに感想を書き込んでも ザ・シネマ側にそれが表示されるまでにはタイムラグがあります。悪しからずご了承ください。

みんなの映画レビュー

    • 鑑賞日 -
    • 最初に

もっとちゃんとした説明が欲しい。ストーリーは在り来たりだけどもう少し工夫したら面白かったような気がする。皆美人でハンサムだし映像も良かった。

原題

Темный Мир: Равновесие

監督

オレグ・アサドゥリン

出演

マリヤ・ピロゴヴァパヴェル・プリルチニーほか

製作国

ロシア

製作年

2013

本編時間

96分

画面サイズ

ワイド画面

視聴制限

なし

字幕/吹き替え

字幕

カラー/白黒

カラー

『クローズ・デイ』© 2013 Central Partnership
このページの先頭へ
ページトップへ