シー・サバイバー

[PG12相当]人質救出の猶予は22分!ロシア軍全面協力で描くソマリア海賊vs海兵隊の実話アクション
© 2014 Central Partnership CJSC.

解説

2010年にソマリア海域で起きた、海賊によるタンカー襲撃事件を映画化。2日間に渡る事件の全貌と息詰まる人質救出作戦をロシア軍全面協力で再現し、海上でのロケや本物の兵器などリアリティにこだわっている。

ストーリー

2010年5月5日の深夜。ソマリア沖のアデン湾を航海するロシアのタンカーが、武装したソマリア海賊に襲われる。ロシア海軍の対潜フリゲート艦クルイロフは救難信号を受信。ボートで救助に駆けつけるが、海賊にタンカーは制圧され船上からの攻撃にあう。その最中、海兵隊員サーシャがボートから海に落下し、海賊に拘束されてしまう。海賊を率いるアミンは船員とサーシャを人質に取り、2000万ドルの身代金を要求する。

放送日時

ザ・シネマでは、映画本編開始前にオープニング映像および番組宣伝等が入りますが、各作品の「本編時間」には含まれておりません。あらかじめご了承ください。
※番組内容・放送スケジュールは都合により変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。

※ザ・シネマのウェブサイトがKINENOTEのユーザー・レビューを読み込みに行くのは1日に1度、早朝ですので、KINENOTEに感想を書き込んでも ザ・シネマ側にそれが表示されるまでにはタイムラグがあります。悪しからずご了承ください。

原題

22 минуты

監督

ヴァシーリー・セリコフ

出演

セルゲイ・アプレスキーブラディミール・ブラゴイほか

製作国

ロシア

製作年

2013

本編時間

83分

画面サイズ

ワイド画面

視聴制限

PG12相当

字幕/吹き替え

字幕

カラー/白黒

カラー

『シー・サバイバー』© 2014 Central Partnership CJSC.
このページの先頭へ
ページトップへ