PROGRAM

放送作品情報

アガサ・クリスティー/サファリ殺人事件

TEN LITTLE INDIANS 1989年アメリカ / 101分 / サスペンス

アガサ・クリスティの傑作小説『そして誰もいなくなった』を再映画化。連続殺人の舞台はサファリ
解説

過去に数度映画化されたアガサ・クリスティの傑作小説『そして誰もいなくなった』を、小説の舞台であるイギリスの孤島からサファリへ大胆に設定を移し、再度映画化。サファリならではのトリックが面白い娯楽作。

ストーリー

謎の人物からアフリカのサファリに招待された年齢も職業も様々な9人の男女。ガイドも含め11人は全く面識も共通点もない様に見えたが、宿泊場所のテントに設置された蓄音機から「お前たちが過去に罪を犯した事を知っている」という声が。声の主は彼らを招待した謎の人物・オーエン氏だった。招待客が動揺する中、それをあざ笑うかの様にまた1人、また1人と招待客が何者かによって殺されていき…。

出演

ドナルド・プレザンス
ブレンダ・ヴァッカロ
フランク・スタローン
ハーバート・ロム
ほか

字幕/吹替
字幕
掲載制限
なし
カラー/白黒
カラー
画面サイズ
スタンダード

オススメキーワード