マイ・ファニー・レディ

ワケあり男女の複雑な関係がブロードウェイで交錯する。名匠ピーター・ボグダノヴィッチの群像喜劇
©STTN Capital, LLC 2015

解説

『ペーパー・ムーン』の名匠ピーター・ボグダノヴィッチの13年ぶりとなる監督作。一夜限りの関係を持ったブロードウェイ演出家と元コールガールの関係を軸に、ワケあり男女の群像模様をコミカルに織りなす。

ストーリー

取材を受けていた元コールガールの若手女優イジーは、人生を変えた出会いを思い出す──。女優を夢見ながらコールガール業で生活していたイジーは、「コールガールを辞めるなら3万ドルをあげよう」という演出家アーノルドの申し出を受け、ブロードウェイのオーディションに挑戦することに。だがその舞台はアーノルドが演出を務め、主演は彼の妻で女優のデルタだった。動揺するアーノルドを尻目に、イジーは実力で役を射止める。

放送日時

2018年03月31日(土) 21:00 - 22:45

ザ・シネマでは、映画本編開始前にオープニング映像および番組宣伝等が入りますが、各作品の「本編時間」には含まれておりません。あらかじめご了承ください。
※番組内容・放送スケジュールは都合により変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。

※ザ・シネマのウェブサイトがKINENOTEのユーザー・レビューを読み込みに行くのは1日に1度、早朝ですので、KINENOTEに感想を書き込んでも ザ・シネマ側にそれが表示されるまでにはタイムラグがあります。悪しからずご了承ください。

みんなの映画レビュー

    • 鑑賞日 2017/8/26

スクリューボールコメディであると同時に、夢を実現した女優がインタビューで回想している作りのため、ドタバタ劇とチャンスを掴もうと必死になった人生における夢のような偶然の数日を懐かしむノスタルジックな哀感も漂わせているところにボグダノビッチの手腕が光る。

ひとりのコールガールを中心に登場人物のほぼ全てをうまく交差させ、ある一点で集合させ化学反応を面白おかしく外側からニヤニヤ眺めるまさにお手本のような脚本であり、製作にバームバックがクレジットされていたが、大ベテランであるボグダノビッチにウディアレンとはまた一味違った軽やかな佳作を作らせた点は大変意義がある。

    • 鑑賞日 2017/6/3

テンポのいいストーリーで最後までニヤニヤさせられっぱなし。役者さんみんないい!

    • 鑑賞日 2016/1/21
    • ハチャメチャw

最後、どうやって納めるのかと思いきや、流れのまんま、荒業カメオ出演で締めしたね。
まっ、へんに、ハートフルなハッピーエンドじゃなくって、こっちのほうが、まさにラブ・コメで笑ったまま終われて良かった!

しかし、アーノルド、ある意味、あしながおじさんだよね?!
一夜で3万ドルってー、羨ましいわぁ。

だって、一回だし、奥さん愛してそうだしー、へんな趣味ね、で許せるんですけど、わたし(笑)

    • 鑑賞日 2017/5/2
    • それなりに面白い

オープニングから粋。
女優へのインタビューを主体として話が進む。
高級コールガール。ドタバタ喜劇の要素が強い業界物。
罰当たりなプロデューサー。無節操な人々。
踏み込みと情の浅さを感じる。
ガラスケース内の蟻の巣。
リスをクルミに。
豪華出演陣。やりっぱなし。楽しく。とかく浮世は。

    • 鑑賞日 2017/3/20
    • ボグダノビッチだったのか!

予備知識ゼロで見た映画にこんな感動するなんて、もう驚きの連続。展開が展開を生む。とてつもない展開。見事ですね。
それはまるでウディ・アレンの映画のようでもありますね。
しかしボグダノビッチはウディ・アレンのような哲学的なことは言っていない。本当に自然にこのどたばたが展開されてゆきます。
思えば『おかしなおかしな大追跡』もそうでしたが、次々に展開する世界は彼独自のもの。
日本ですと内田けんじさんの世界。
カメオ出演のタランティーノにも驚きましたが、なんとテイタム・オニールも出ていたなんて全く気づきませんでした。残念!
シビル・シェパードもそうですが、かつてボグダノビッチの映画で活躍した役者を注ぎ込むゴージャス。そして老いた彼らの魅力もまたよし。

今年見た中で最も楽しめた映画でした。

ありがとうボグダノビッチ。またやってくれ!

原題

SHE’S FUNNY THAT WAY

監督

ピーター・ボグダノヴィッチ

出演

オーウェン・ウィルソンイモージェン・プーツキャスリン・ハーンウィル・フォーテほか

製作国

アメリカ

製作年

2014

本編時間

94分

画面サイズ

ワイド画面

視聴制限

なし

字幕/吹き替え

字幕

カラー/白黒

カラー

『マイ・ファニー・レディ』©STTN Capital, LLC 2015 『(吹)TAXi4』© 2007 EUROPACORP - ARP - APIPOULAÏ PROD - TF1 FILMS PRODUCTION 『(吹)サバイバー』© 2015 SURVIVOR PRODUCTIONS, INC. ALL RIGHTS RESERVED. 『(吹)バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』© 2014 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.  『(吹)レオン[オリジナル版]』©1994 GAUMONT/LES FILMS DU DAUPHIN
このページの先頭へ
ページトップへ