PROGRAM

放送作品情報

野獣捜査線

CODE OF SILENCE 1985年 アメリカ / 字幕 : 101分 / 吹き替え : 92分 アクション

ギャングに怒りの制裁を下す孤高の刑事…。80年代アクション俳優チャック・ノリスの真骨頂!
放送日時
2020年01月08日(水) 16:30 - 18:30
2020年01月12日(日) 08:00 - 10:00
2020年01月19日(日) 23:00 - 深夜 01:00
2020年01月25日(土) 08:30 - 10:30
2020年01月28日(火) 07:45 - 09:30
解説

空手の黒帯、柔道の茶帯を持つ本格派チャック・ノリスが、アクション俳優として飛躍を遂げた転機作。味方からの援護を得られない孤高の刑事をハードボイルドに演じ、壮絶なアクションでスカッとさせる。

ストーリー

警部エディの指揮でシカゴ市警がコマチョ一家の麻薬取引現場を押さえようとしたところ、謎の一団が麻薬と金を奪って逃走。その混乱の中、クレイギー刑事が少年を誤って射殺してしまう。クレイギーは少年に銃を握らせ、相棒のニックも彼の正当防衛を主張する。謎の一団を追うためニックとコンビを組んだエディは、クレイギーの不正を正直に話すよう忠告する。しかしそうした姿勢が同僚たちの反発を買い、エディは孤立していく。

出演

※(声優)は吹き替え版作品が放送される場合の情報です。
字幕版、吹き替え版については、放送日時横のアイコンでご確認ください。

チャック・ノリス (井上孝雄)
ヘンリー・シルバ (森川公也)
モリー・ヘイガン (安達忍)
ほか

字幕/吹替
字幕 吹替
掲載制限
なし
カラー/白黒
カラー
画面サイズ
ワイド画面
HD
※【ザ・シネマHD】にご加入の方は、
HD画質でご覧頂けます。

オススメキーワード

  • 鑑賞日

    堅物刑事が同僚たちの反目を買い、

    たった独りでマフィアに戦いを挑む、というB級刑事ものアクション。手堅く作り込まれて、バカバカしくない展開です。反面、地味ではあります。 驚くのは終盤の殴り込み。なんと、装甲ロボット兵器を相棒として連れて行き、バッタバッタと大勢をなぎ倒してしまう。 地味かと思えば弾けてしまうアンバランスな仕上がり。こういうの、好きなんですよ。B級アクションのお好きな方、必見ですぞ。

  • 鑑賞日 1986/3/31

    チャック・ノリス登場

    1986年3月31日に鑑賞。大阪・なんば大劇名画座にて。 チャック・ノリスは2流のアクション・スターだが、本作はまあまあの出来である。

  • 鑑賞日 2009/10/5

    刑事に扮したチャック御大。彼の作品の中ではベストな作品。ウージーやイングラムはデカなんか持たないからなに持つのか?と思えば、コルトパイソンとベタ。最後は、警察のスーパーロボと乗り込む。敵の弾があたらないってあんたは『サンダース軍曹か!』と突っ込みたくなる。これのどこがベストなんだー!と思われますが、不正をかくそうとする、警察内の協調主義への批判を脚本に感じました。途中失速しますが・・・★★☆