PROGRAM

放送作品情報

ロミオとジュリエット(1968)

ROMEO AND JULIET 1968年 イギリス イタリア / 字幕 : 139分 / 吹き替え : 109分 ラブロマンス

運命に翻弄されながらも、一目あったその日から永遠の愛を誓った2人の若者を描くシェイクスピア悲劇の傑作
解説

シェイクスピア悲劇の代表作を映画化。当時15歳のオリヴィア・ハッセーの可憐な演技が素晴らしく、日本でアイドル的ブームを巻き起こした。有名なテーマはニーノ・ロータ作曲。アカデミー賞衣装デザイン賞他受賞。

ストーリー

ルネッサンス期のイタリアの町、ヴェロナ。2大名門として知られるモンタギュー家とキャピュレット家は、仇敵視しあう仲。日々血で血を洗う争いが絶えなかった。ある日、舞踏会で出会ったロミオとジュリエットは、一目で魅かれ合う。だがお互いの素性を知って嘆き合う2人。しかしバルコニーで恋の苦悩を訴えているジュリエットを見かけたロミオは、いたたまれず熱烈な愛の告白をし、2人は結婚を誓い合うが―。

出演

※(声優)は吹き替え版作品が放送される場合の情報です。
字幕版、吹き替え版については、放送日時横のアイコンでご確認ください。

オリヴィア・ハッセー (榊原良子)
レナード・ホワイティング (水島裕)
マイケル・ヨーク (堀勝之祐)
ほか

字幕/吹替
字幕 吹替
掲載制限
なし
カラー/白黒
カラー
画面サイズ
字幕 : ワイド画面 / 吹替 : ワイド
HD
※【ザ・シネマHD】にご加入の方は、
HD画質でご覧頂けます。

オススメキーワード