PROGRAM

放送作品情報

裏切りの荒野

L’ UOMO, L’ ORGOGLIO, LA VENDETTA 1968年 イタリア / 101分 西部劇

小説「カルメン」をマカロニウエスタンにした異色作。フランコ・ネロ、ティナ・オーモンら豪華俳優が共演。
放送日時
2018年10月07日(日) 10:00 - 12:00
2018年10月10日(水) 11:00 - 13:00
2018年10月26日(金) 06:00 - 08:00
解説

プロスペル・メリメの小説「カルメン」を西部劇にアレンジした異色作。賞金付きのおたずね者になった男の冒険と悲恋をフランコ・ネロ、ティナ・オーモンら豪華俳優で描くマカロニ・ウエスタン。

ストーリー

工場の警備をする軍曹のホセは、仕事を求めて工場へやって来た女・カルメンを招き入れてしまう。しかし、気性の激しい彼女はトラブルを起こし、ホセは彼女を警察に連行しようとする。しかし、言葉巧みにまるめこまれて彼女に逃げられる始末。そんなある日、パーティーを警護する仕事でカルメンを見つけるが、再び逮捕するどころか逆に誘惑され一夜を共にする。翌朝、なぜか彼女に冷たく追い出されてしまい…。

出演

フランコ・ネロ
ティナ・オーモン
クラウス・キンスキー
リー・バートン
ほか

字幕/吹替
字幕
掲載制限
なし
カラー/白黒
カラー
画面サイズ
ワイド画面
HD
※【ザ・シネマHD】にご加入の方は、
HD画質でご覧頂けます。

オススメキーワード

  • 鑑賞日 2018/5/30

    魔性の女

    カルメンの物語を現実的に映画化。 カルメンの激しい性格がよく描写されているし、変わり身の早さ、男を惑わす言動など、どれがカルメンの本当の姿なのか。実に興味深い人間観察の映画である。

  • 鑑賞日 2018/3/27

    カルメン、からのマカロニウエスタン

     邦題もビデオソフトのパッケージも、いかにもマカロニウエスタンだが、舞台は19世紀ごろのスペインで、役名も「カルメン」「ホセ」で、オペラ『カルメン』とほぼ同じストーリー。  ところが、それも中盤までで、後半は荒野を走る金貨の輸送の馬車を襲う話になり、衣裳も風景も含めて、見た目には完全にマカロニウエスタンになる、という、かなり異色な作品。  おそらくは、アクションとか爆破とかの見せ場を見せるための映画であり、ストーリーはそのための道具に過ぎないくらいに無頓着なのだろう。  例えそうであっても、見せ場が面白ければ全然構わない。  だから、この作品の採点は、イコール「見せ場に対する採点」ということで…。  ちなみに、イタリア語の原題"L' Uomo, L' Orgoglio, La Vendetta"の意味は、「男、プライド、復讐」。

  • 鑑賞日 2017/7/12

    カルメン

    「続・荒野の用心棒」からフランコ・ネロはマカロニウエスタンにぴったりの役者だと思っていた。しかしこの作品は、カルメンに翻弄されるなどちょっとがっかりする役だった。

  • 鑑賞日 2015/11/21

    カルメン

     フランコ・ネロが主演だし邦題の雰囲気からしてもマカロニ・ウェスタンだろう誰しも思ってしまうが、スペインを舞台とした男女の愛憎をドラマティックに描いたメリメの「カルメン」を翻案した映画だったのでちょっと驚く。いきなりタバコ工場での乱闘シーンから入りそこに登場した妖艶な女(ティナ・オーモン)がカルメンと名乗ったので「アレッ?」と思った次第。そうなると闘牛士も出てくるのかと思っていたらやはりラストに登場。ここまで似せたのならビゼーの音楽をバックに使ってもらいもっと派手に演出してもらいたかった。山を爆破させたり、ダイナミックなカメラワークなどでケレン味たっぷりな演出で映画的に派手さを演出しようと頑張ってはいるけど、どうしてもオペラを知っているとこの物語には音楽が欲しくなってきてしまう。