PROGRAM

放送作品情報

空飛ぶ戦闘艦

MASTER OF THE WORLD 1961年 アメリカ / 103分 アドベンチャー SF

恐るべき科学力で天空にあり、戦争放棄と戦力不保持を世界に強要する飛行戦艦…未DVD化ブロンソン主演作
放送日時
2018年11月05日(月) 14:45 - 16:45
2018年11月21日(水) 19:00 - 21:00
2018年11月30日(金) 11:00 - 13:00
2018年12月10日(月) 13:00 - 15:00
2018年12月23日(日) 14:15 - 16:15
解説

ジュール・ヴェルヌの空想科学小説『征服者ロビュール』と『世界の支配者』を翻案し映画化。圧倒的軍事力で世界を恫喝し、戦争放棄を迫る飛空戦艦…まるで『沈黙の艦隊』×『ラピュタ』のようなスチームパンクSF。

ストーリー

1868年米国。天から「戦争を続ければ天罰が」との謎の声が轟き、人々は慄く。米内務省ストロックは究明のため気球協会に掛け合って気球を出してもらい協会員らと乗り込むが、何者かの攻撃を受け不時着。怪紳士ロバーが指揮する空中戦艦アルバトロス号に連れ込まれる。同艦はどの国にも属さず乗組員も無国籍で、まるで独立国家の観を呈しており、その目的は、軍事的優位性で列強を圧倒し、強引に世界平和を実現することだった!

出演

チャールズ・ブロンソン
ヴィンセント・プライス
ヘンリー・ハル
メアリー・ウェブスター
デヴィッド・フランカム
ほか

字幕/吹替
字幕
掲載制限
なし
カラー/白黒
カラー
画面サイズ
ワイド画面
HD
※【ザ・シネマHD】にご加入の方は、
HD画質でご覧頂けます。

オススメキーワード

  • 鑑賞日

    意外なブロンソン作品

    『80日間世界一周』『海底二万哩』などで知られるフランスの作家ジュール・ヴェルヌの原作『征服者ロバー』(1886)とその続編『世界の王者』(1904)を1本にまとめて映画化した作品です。 1886年。まだ飛行機が発明されていない時代。 アメリカのペンシルバニア州で火山が突然の大噴火を起こす。(街の背景に映る火山はたぶん絵です!(驚)) アメリカ政府から調査のため派遣された役人ストロック(チャールズ・ブロンソン)は、ペンシルバニア気球協会で新型気球を完成させた軍需会社社長のプルーデント(ヘンリー・ハル)とその娘ドロシー(メアリー・ウェブスター)、彼女の婚約者(デイヴィッド・フランカム)とともに、調査のため気球で火山に向かうことに。 ところが、火山口に差し掛かったとき、何者かに撃たれて気球は落下。気が付くと、4人はロバー船長(ビンセント・プライス)が指揮する“空飛ぶ戦闘艦”の中に捕らえられていた! ロバー船長は世界の平和の実現のために戦闘艦を作り、武装解除の警告を受け入れない国には、次々と上空から爆弾を落とすのだった! 世界平和が目的と言いながら、各国に攻撃を続けるロバー船長はもはや世界征服を企むマッドサイエンティスト!ストロック(ブロンソン)たちは何とかこの計画をやめさせようと策を練る!! 深淵で示唆に富んだテーマですが、空飛ぶ戦闘艦のデザインは心躍るものがあり、全体には“空を飛ぶ”夢に満ちた冒険活劇の雰囲気がある作品です。 ブロンソンはまだ「ん~マンダム」と言いそうなほど渋くはありませんが(笑)強くて信念を貫く男を好演。婚約者のいるドロシーのハートもブロンソンになびいてしまいます 製作のジェームズ・H・ニコルソンはAIPの創設者の一人。怪奇俳優ナンバーワンのヴィンセント・プライスがマッドサイエンティストのロバー船長を主演し、当時売り出し中のブロンソンがプライスに続いて二番目にクレジットされています! ブロンソンにとっては『荒野の七人』と『大脱走』の間に撮った作品の一つです。 ぜひご覧ください