PROGRAM

放送作品情報

ナイトホークス

NIGHTHAWKS 1981年 アメリカ / 字幕 : 99分 / 吹き替え : 93分 アクション サスペンス

シルヴェスター・スタローンが扮するN.Y.の刑事と国際的なテロリストとの手に汗握る対決!
放送日時
2019年11月02日(土) 19:15 - 21:00
2019年11月05日(火) 12:30 - 14:30
2019年11月05日(火) 21:00 - 23:00
2019年11月15日(金) 17:00 - 19:00
2019年11月15日(金) 深夜 01:30 - 03:30
2019年11月23日(土) 14:30 - 16:30
2019年12月04日(水) 12:30 - 14:30
2019年12月13日(金) 12:30 - 14:30
解説

シルヴェスター・スタローンと、冷酷な悪役がハマリ役のルトガー・ハウアーが、それぞれはみ出し刑事と非情なテロリストに扮し対決。スタローンの女装姿も見どころ?!のサスペンス・アクション作品

ストーリー

大みそかのロンドンで爆弾テロを起こした国際テロリストのウルフガーは、自分のパスポートがインターポールの手に渡ったことを知り整形手術を受け、ニューヨークへ向かった。ニューヨークでは、刑事ディークと相棒のフォックスが、顔も分からないウルフガーを捕らえるよう対テロ用特殊部隊へ異動させられる。そんな中、深夜の金融街で建物が爆破され、謎のテロリスト、ウルフガーの名で犯行声明とともに次の犯行予告が行われた…。

出演

※(声優)は吹き替え版作品が放送される場合の情報です。
字幕版、吹き替え版については、放送日時横のアイコンでご確認ください。

シルヴェスター・スタローン (佐々木功)
ルトガー・ハウアー (西沢利明)
リンゼイ・ワグナー (高畑淳子)
ほか

字幕/吹替
字幕 吹替
掲載制限
なし
カラー/白黒
カラー
画面サイズ
字幕 : ワイド画面 / 吹替 : スタンダード
HD
※【ザ・シネマHD】にご加入の方は、
HD画質でご覧頂けます。

オススメキーワード

  • 鑑賞日 1981/11/8

    懐かしのL・ワグナー

    スピ-ディーなドラマ展開に観ていて飽きることはないけれど、映画としてはそれ以上でも以下でもなくのこの点数。いつもよりは何だか地味な気がしなくもないS・スタローンよりは、その脇を固めるB・ディー・ウィリアムズやR・ハウアー、そして、懐かしのL・ワグナーといった何気に渋い俳優陣の好演が印象に残る。

  • 鑑賞日 2018/3/3

    スタローンのイメチェン作

     国際的テロリスト(ハウアー)と、彼を追う任務に就いた刑事(スタローン)の対決の映画。  『ロッキー』で有名になって以来「肉体派」のイメージの出演作が続いたスタローンが、メタルフレームのメガネと『セルピコ』のようなあごひげ、『ブリット』のように恋人が刑事の仕事に不快感を示すことに悩むなど、肉体披露を封印して、知的で繊細な心の持ち主のキャラを演じる。  そんな主人公が、テロリストを追い詰める任務に就くに当たって、テロリストの気持ちになって先の行動が読めるようになる事による「頭脳戦」「心理戦」を思わせる期待したのだが、そちらにはあまり上手く展開せず期待外れ。  また、テロを起こすこと自体が目的になってしまい、『ジャッカルの日』のジャッカルのように邪魔な人間を躊躇なく殺すテロリストの「敵役としての活躍」にも期待したのだが、こちらも平凡な悪役止まりで期待外れ。  ラストは「伏線の回収」が見られてちょっと面白いのだけど、「アレを用意する時間があったの?」と考えると、ギャグにも思えてしまう。  せっかくスタローンが渋く演じていた作品だというのに。  結局は「スタローンのイメチェン映画」の印象が強いのに失敗作に終わったことで、スタローン自身は特に悪くなかったのに彼が失敗したイメージが残ってしまったのではないか?と気の毒に思った。 (原題「Nighthawks」の意味は「夜にうろつく人」で、夜に街中でおとり捜査をする刑事たちのことかな?)

  • 鑑賞日

    切れ者刑事対凶悪テロリストの

    サスペンス・アクション。特別な捻りはないが、きちんと造り込まれたストーリー展開で愉しめます。ラストがきれいに決まって爽快。

  • 鑑賞日

    アクション後継者スターローン

    81年当時の映画メモ N・Yに潜入した国際的な爆弾テロリスト達と、破壊工作に挑戦する為に選ばれた敏腕刑事との駆け引き。 冒頭、女装で登場したスターローンが犯人を捕まえる所から始まる。これが伏線として置かれ、これがラストに繋がる。 武骨な男の女装というアイデアとN・Yをアクションで駆け巡るのは見事。ジョン・ウェイン、スティーブ・マックイーンが亡きアメリカのアクション映画界を引き継いでいるスターローン。まだこれからも素晴らしいアクションを見せてくれる俳優に違いない。

  • 鑑賞日 2015/8/17

    スタローンの女装で始まり、女装で終わる映画。

  • 鑑賞日 2014/6/14

    髭面、女装のスタローンが拝めます

    ニューヨークに潜伏した国際テロリストと、対テロ用特殊部隊ATACに配属された二人の刑事の戦いを描いたアクション作品です。 刑事ものなんですが、「ランボー」のようなアクションを期待していると肩透かしを食らいますのであしからず。どちらかというと地味目のアクション作品になっていますね。ルドガー・ハウアー演じるウルフガーの悪役っぷりが印象的です。冒頭の爆破テロやジャックしたケーブルカーの中でフランスの女性大使館員を容赦なく撃ち殺したりと、冷酷さを極めています。 オープニングの捜査シーンで女装したスタローンが登場するんですが、まさかそれがクライマックスの伏線になっていようとは・・・(笑)髭面のスタローンもめずらしいので、そういう意味では見る価値があるかもしれませんが、内容的には可もなく不可もなくといったところでしょうか。

  • 鑑賞日 1981/6/17

    スタローンの最高傑作

    1981年6月17日に鑑賞。大阪・梅田グランドにて。 監督がブルース・マルムースなのでちゃんとした映画です。スタローンの映画では一番の出来です。リンゼー・ワグナーが美しい。ルトガー・ハウアーもいい。

  • 鑑賞日 1999/12/6

    それなりに

    それなりに面白かった作品でした。 刑事物なので、ハラハラできました。 最後は予想はしてませんでしたが・・・。