PROGRAM

放送作品情報

マネートレイン

MONEY TRAIN 1995年アメリカ / 110分 / アクション

おとり捜査官の乳兄弟コンビが世紀の大犯罪へと暴走!難攻不落の現金輸送列車を舞台に描くアクション
放送日時
2018年08月10日(金) 11:00 - 13:00
2018年08月26日(日) 08:00 - 10:00
解説

NY地下鉄の構内を全長1200mものセットで再現して本物の車両を走らせ、迫真の強奪アクションを展開。クールなウェズリー・スナイプスとホットなウディ・ハレルソンという対照的な乳兄弟コンビも相性抜群。

ストーリー

同じ家で育ったジョンとチャーリーは、ニューヨーク地下鉄警察のおとり捜査官として活躍するが、その手荒な捜査で上司ブレイクから目を付けられていた。ある夜2人は、各駅の売上金を徴収して走る“マネートレイン”の警護中に、他の隊員とイザコザを起こす。その際に集金袋を紛失し、日頃の素行から2人が疑われる。さらに後日、2人に追い詰められた放火魔強盗が焼身自殺し、過剰捜査を理由に2人ともクビを言い渡されてしまう。

出演

ウェズリー・スナイプス
ウディ・ハレルソン
ジェニファー・ロペス
ロバート・ブレイク
ほか

字幕/吹替
字幕
掲載制限
なし
カラー/白黒
カラー
画面サイズ
ワイド
HD
※【ザ・シネマHD】にご加入の方は、
HD画質でご覧頂けます。

オススメキーワード

  • 鑑賞日 2018/8/12

    鉄道公安官コンビが主役の地下鉄ドタバタ・アクション。 切符売場の放火など現実には無理無茶な事件が続いて、やりすぎ感が強くシラける場面が多い。 ウェズリー・スナイプスや『ナチュラル・ボーン』の頃のウディ・ハレルソンに、可愛かったジェニファー・ロペスなどキャストは豪華。憎まれ局長役のロバート・ブレイクがいい味を出している。 だけど、荒唐無稽すぎる話がどうもねえ。派手にドンパチやれば受けた時代の記念碑みたいな作品。

  • 鑑賞日 1996/5/6

    期待の反動

    ド派手なクライマックスシーン以外は物語もアクションも配役もイマイチ物足りな気がしなくもなくのこの点数。まぁ、予告編を観て期待しすぎた反動もあるんだけれど・・・。

  • 鑑賞日

    制作当時はまだ一枚看板までにはなっていなかった、ウェズリー・スナイプスとウッディ・ハレルソンの黒白義兄弟コンビがなかなかにいい味を出している。特にまだ若く、売り出したばかりのW・ハレルソンが現在では考えられない極めてまともな?ナイーブな青年を好演。ジェニファー・ロペスを巡っての兄弟間の恋の鞘当てなどもあり、マネートレイン強奪の無謀な計画に臨むストーリー展開はスピード感もありテンポも良くて観ていて軽快。

  • 鑑賞日

    この荒削り感がツボだった

    ここんとこすっかり脇役に徹してる感じのウディ・ハレルソンも、この頃は「ナチュラル・ボーン・キラーズ」で主演したりして結構好きだったなぁ。ウェズリー・スナイプスは息長く頑張ってるが、この二人の化学反応は凄まじかった。なんとも荒削りなやり取りなんだが、それが二人の個性にまたよく合っていて。脚本も良かったし、ぜひまた観たい作品。

  • 鑑賞日 1997/1/25

    コンビ

    なかなかこの二人のコンビは大好きです。 今回も二人ともハチャメチャな感じですが、面白かったです。

  • 鑑賞日

    ウディ・ハレルソンが可愛い

    バディムービーでも好きな映画。白人と黒人なのに乳兄弟で白人の方がロクデナシというのが面白い。ウディ・ハレルソンがいい味出してて、ダメ男のほぼチンピラなんだけど何か憎めないキャラクターを好演している。本当にマネートレインを強奪しようとして、失敗するもののうまく逃げおおせちゃうのはどうかと思うが。

  • 鑑賞日 2012/7/9

    チャーリー頑張って

    チャーリーが犯罪をするまで思い詰める過程が良かった。強盗を正当化するわけではないけど、最後にチャーリーがやってやってスカッとした。ジョンは完璧すぎて引いた。