PROGRAM

放送作品情報

13日の金曜日・完結編

FRIDAY THE 13TH : THE FINAL CHAPTER 1984年 アメリカ / 字幕 : 92分 / 吹き替え : 89分

何度も復活する殺人鬼ジェイソンが今度こそ本当に死ぬ?幼い少年が怪物に立ち向かうシリーズ第4弾
解説

特殊メイクの巨匠トム・サヴィーニがシリーズに復帰し、殺戮シーンの迫力もバリエーションもアップ。『スタンド・バイ・ミー』の名子役コリー・フェルドマンが、ジェイソンと対峙する少年を熱演。

ストーリー

クリスタル・レイクでジェイソンに殺された若者たちの遺体が発見され、頭に斧が刺さったジェイソンの死体を一緒に警察が回収する。ところが、死体安置所でジェイソンが突如蘇り、係員たちを殺害。その頃クリスタル・レイクでは、家族旅行で訪れていた18歳のトリッシュと弟のトミーが、見知らぬ男性ロブと親しくなる。やがてジェイソンがクリスタル・レイクに再び戻り若者たちを殺害。その脅威はトミーたちにも迫っていく。

出演

※(声優)は吹き替え版作品が放送される場合の情報です。
字幕版、吹き替え版については、放送日時横のアイコンでご確認ください。

クリスピン・グローヴァー (鈴置洋孝)
キンバリー・ベック (小山茉美)
コリー・フェルドマン (浪川大輔)
ほか

字幕/吹替
字幕 吹替
掲載制限
R15相当
カラー/白黒
カラー
画面サイズ
字幕 : ワイド / 吹替 : スタンダード
HD
※【ザ・シネマHD】にご加入の方は、
HD画質でご覧頂けます。

オススメキーワード