PROGRAM

放送作品情報

沈黙の作戦(ミッション)

KILLING SALAZAR 2016年アメリカ / 100分 / アクション

殺されたはずの麻薬王が生きていた!スティーヴン・セガールが複雑に絡み合う事件を紐解く痛快アクション
放送日時
2018年08月03日(金) 深夜 00:30 - 02:15
2018年08月20日(月) 23:30 - 深夜 01:30
解説

アクション俳優ルーク・ゴスが実質的な主役を務め、激しいバトルを披露。スティーヴン・セガールも彼をバックアップする形で、得意のセガール拳や銃撃戦で無敵ぶりを発揮。捻りを利かせたサスペンスも楽しめる。

ストーリー

麻薬取締局の特別捜査官ハリソンは、麻薬カルテル集団のボスであるサラザールのアジトを突き止めて制圧。その際にサラザールは殺害されるが、実は麻薬カルテルの実態を証言させるため生かされていて、アメリカまで極秘裏に護送されていたのだ。その秘密がカルテルに知られ、組織は暗殺者たちを送り込む。護送中の連邦保安官ジェンセンがサラザールを守るため立てこもったホテルに、ハリソンがS.W.A.T.を連れて救援に駆けつける。

出演

スティーヴン・セガール
ジョルジュ・サン=ピエール
マルティーヌ・アルジャン
ダレン・E・スコット
ほか

字幕/吹替
字幕
掲載制限
なし
カラー/白黒
カラー
画面サイズ
ワイド画面
HD
※【ザ・シネマHD】にご加入の方は、
HD画質でご覧頂けます。

オススメキーワード

  • 鑑賞日 2018/1/18

    今回の敵はUFCチャンピオンだ!

    前情報無しで見たら、のっけからいきなり悪い人組で、UFCチャンピオンの総合格闘家GSPことジョルジュ・サン・ピエールが出てきて驚いた。(UFCのミドル級・ウェルター級の2階級制覇) ツッコミどころも多々あるんだけど、ストーリーが凝っていて、ルーマニアのホテルを舞台に最後までグイグイ見せてくれる。 GSPの格闘シーンもかなりフューチャーされて、セガールとの対決も必見。 なお、相変わらずスタッフやキャストの詳細情報がデータベース化されていない作品です(2018年1月現在) kinenoteって、これでMyFavorite映画人のランキングをどうやって算出するのだろう。。。。 ほんといい加減だなぁ。 ●主なキャスト Steven Seagal・・・・John Harrison Luke Goss・・・・Maj. Tom Jensen Georges St-Pierre・・・・Bruno Sinclaire Darren E. Scott・・・・Skony (Maj. John Skokowski) Florin Piersic Jr.・・・・Joseph 'El Tiburon' Salazar Martine Argent・・・・Amanda Chavez Lauro Chartrand・・・・Eric Ramirez Bruce Crawford・・・・Gary Dentze

  • 鑑賞日 2017/3/29

    ホンが面白いので、

    最近のセガールオジキの作品の中ではダントツに面白い。 ホンが面白いのがその理由。 やっぱり、映画はホンだな。 が、セガールオジキ主演と云っておきながら、 実際の主人公は、ルーク・ゴス。 アメリカでは結構出演作が多い、 ジェイソン・ステイサム系、 つまり、ハゲなのにカッコイイ系のアクションスターである。 物語はざっくり云うと、ダイ・ハードみたいなお話。 逃げ場のないホテルでテロリスト集団と闘う話だからだ。 が、何だかんだ云って、今でもセガールオジキの作品がコンスタントに公開されるのは、それだけの人気はあるからだろう。 願わくば、往年の本物の沈黙シリーズのような作品に戻って来て欲しいのだが…。 あ、取り敢えず、 エクスペンタブルズシリーズでもイイヨ。 映画館の大画面で大スターとしての貫禄アクションを観たいものだ。

  • 鑑賞日 2016/10/11

    セガール新機軸

    セガール物としては捻ってある脚本。 主人公もぶれていて群像劇の様相。 一味違うバトル・アクションを狙っている。 事件の概要は変りばえしないが其々の立ち位置が読みづらい中盤までは成り行きが五里霧中。 其々の見せ場があり、敵である人物と真の主役を推察する楽しみもある。 ヨーロッパ式凝ったアクション物。