PROGRAM

放送作品情報

ショック療法

TRAITEMENT DE CHOC 1972年 フランス / 88分 サスペンス

若返り治療に隠された衝撃の事実とは?アラン・ドロンが狂気の医師を妖しく美しく魅せるサスペンス
放送日時
2019年12月02日(月) 06:00 - 08:00
2019年12月26日(木) 06:00 - 08:00
解説

若返り治療に取り憑かれた二重人格のマッド・サイエンティストという難役をアラン・ドロンが熱演したサスペンス。彼が披露するオールヌードや、『若者のすべて』のアニー・ジラルドとの久々の競演も注目。

ストーリー

年下の恋人を若い女に寝取られた36歳の婦人服工場経営者エレーヌは、ゲイの友人ジェロームに誘われて海岸沿いのデブリエ病院を訪ねる。そこには若さを求めるセレブたちが入院し、デブリエ院長による奇妙な若返り治療を受けていた。エレーヌは最初こそ戸惑ったものの徐々に慣れ、若く美しいデブリエと恋に落ちる。だがある日、施設に雇われていた少年が遺体で発見され、ジェロームも謎の自殺を遂げてしまう。

監督・脚本・音楽

アラン・ジェシュア

出演

アラン・ドロン
アニー・ジラルド
ミシェル・デュショーソワ
ジャン=フランソワ・カルヴェ
ほか

字幕/吹替
字幕
掲載制限
なし
カラー/白黒
カラー
画面サイズ
ワイド画面
HD
※【ザ・シネマHD】にご加入の方は、
HD画質でご覧頂けます。

オススメキーワード

  • 鑑賞日 2019/12/1

    ドロンのヌード。

    アラン・ジェシュア監督による、療養所・ミステリー・スリラー。 💉・・・・・💉・・・・・💉・・・・・💉・・・・・💉・・・・・💉 38歳のエレーヌ(アニー・ジラルド)は、恋人を若い女に寝取られ、意気消沈しブルターニュの若返り治療の療養所を訪れる。彼女は、ドクター、デブリエ(アラン・ドロン)の勧める注射をうけると元気を取り戻していくが・・・。 (舞台は、セレブ達が集まる療養所。見どころは、この人たちへの治療法、設備、運営といったところ。 治療?で海辺を走るシーンでは皆全裸。) (オチは、注射の原材料は何なのかというもの。違法かも知れないがお金で買えそうな気もする・・・但し詳細は不明)

  • 鑑賞日 2019/10/6

    名作『若者のすべて』に続くアラン・ドロンとアニー・ジラルド共演のマッド・ドクターもの。今回はアニー・ジラルド主演作といっていい。 前回の性悪女役が格好良かったジラルドはショート・カットのキャリア・ウーマン役で、裸になって全然色気なし。 ドロン達の悪事を告発する気持ちがあるのに、簡単にドロンと寝てしまうのは何だかねぇ。 色々と中途半端なところがあり、テーマは面白いがちょい残念作。 ボカシが無ければ、海辺のシーンでドロンのフルチンが見れたのかも?(笑)

  • 鑑賞日 2017/7/21

    初見。完全なアニー・ジラルドの主演映画。

    ジラルドがヒロインのサスペンス映画で、ドロンは刺身のツマ、極端に出番が少ない。 男の俺が、ジラルドのヌードを見せられても何も感じないが、ドロンは上半身だけでもときめくものがある。 本作は、ドロンを含め修正箇所が多数。スターチャンネルの放送なので、100%ボカシ入り処理で残念だ。 画質・色彩は最高だというのに・・・。 それにしても映画の内容も、当時、馬鹿にして見なかったのが正解の愚作である。 これまた残念なことであった。 ドロン自体は、1973年37才、美の頂点なのだが。 監督 アラン・ジェシュア

  • 鑑賞日 1979/1/29

    十代の頃に観た感想

    なんともはや後味が悪い。町全体が共犯者みたいな感じがして気味が悪い。金持ちはこれからも貧乏人の血を吸うであろう、なんて今更言わなくてもいいのです。 -十代の頃に観た感想-

  • 鑑賞日 2005/2/13

    珍しいA・ドロン主演のホラー。当時ドロンのヌードが世間を賑わした作品。