PROGRAM

放送作品情報

マリー・アントワネットに別れをつげて

LES ADIEUX A LA REINE 2012年 フランス スペイン / 100分

[PG12]マリー・アントワネットを慕う少女の運命は?革命前夜の混乱する王宮を新たな視点で描く歴史劇
解説

『007 スペクター』でボンドガールに抜擢されたレア・セドゥをヒロインに、フランスで最も権威あるフェミナ賞に輝いたベストセラー小説を映画化。一般非公開の部屋でも撮影したベルサイユ宮殿のシーンは必見。

ストーリー

1789年7月14日。フランスのパリで革命が勃発するが、ベルサイユ宮殿ではその騒ぎを誰も知らないまま、王妃マリー・アントワネットも朗読係の少女シドニーを呼び出していつもの1日を過ごした。しかし翌日、バスティーユが陥落し286人の処刑リストが出回る。その中にはアントワネットを筆頭に、王妃の寵愛を受けるポリニャック夫人の名前もあった。シドニーは王妃の身を案じ側にいようと努めるが…。

出演

レア・セドゥ
ダイアン・クルーガー
ヴィルジニー・ルドワイヤン
グザヴィエ・ボーヴォワ
ほか

字幕/吹替
字幕
掲載制限
PG12
カラー/白黒
カラー
画面サイズ
ワイド
HD
※【ザ・シネマHD】にご加入の方は、
HD画質でご覧頂けます。

オススメキーワード