PROGRAM

放送作品情報

初体験/リッジモント・ハイ

FAST TIMES AT RIDGEMONT HIGH 1982年 アメリカ / 90分 青春 コメディ

当時人気の若手スターたちが恋と青春を織りなす。キャメロン・クロウ脚本の学園群像コメディ
放送日時
2018年09月04日(火) 06:00 - 08:00
2018年09月10日(月) 深夜 03:15 - 05:15
2018年09月20日(木) 19:15 - 21:00
2018年09月23日(日) 深夜 01:30 - 03:30
解説

監督デビュー前のキャメロン・クロウが22歳で書いた処女小説を自ら脚色し、『クルーレス』のエイミー・ヘッカリング監督が映像化。ショーン・ペンなど後にスターとなる若手俳優たちの豪華競演が見どころ。

ストーリー

ロサンゼルスのリッジモント高校に通うステイシーとリンダは大の親友。すでにセックスを体験した17歳のリンダに対し、15歳のステイシーは未経験。初体験に憧れるステイシーはリンダからアドバイスを受け、気になる男性とデートし初体験に成功する。それからステイシーは性に目覚め、彼女に好意を持つ奥手なマークを心配させる。その不安は的中し、ダフ屋で稼ぐマイクと肉体関係を持ったステイシーが妊娠してしまう。

出演

※(声優)は吹き替え版作品が放送される場合の情報です。
字幕版、吹き替え版については、放送日時横のアイコンでご確認ください。

ショーン・ペン (鈴置洋孝)
ジェニファー・ジェイソン・リー (潘恵子)
フィービー・ケイツ (堀江美都子)
ほか

字幕/吹替
字幕 吹替
掲載制限
なし
カラー/白黒
カラー
画面サイズ
ワイド画面
HD
※【ザ・シネマHD】にご加入の方は、
HD画質でご覧頂けます。

オススメキーワード

  • 鑑賞日 2018/7/15

    フィービー・ケイツに驚き!

    80年代の音楽をたくさん聴かせてくれる映画だった。 高校生たちが、女子学生も男子学生も初体験や肉体関係に興味を示して、出会いや別れを繰り返す姿が描かれる。 ただ、非常に若いショーン・ペンは長髪にしており、女に興味を示すのではなく、サーフィンとトリップすることなどに熱意を持つ、勉強はヤル気無い学生。 フィービー・ケイツがバスト披露するとは思わなかったので、少し驚いた。 ある男が男友達に「デートの時は、女をリードしろ。車でかける音楽は『レッド・ツェッペリンⅣ』だぞ…」と言われた男は、言われた通り実行していくが、車でかけたレッド・ツェッペリンの曲は『カシミール』……「オイオイ、それは『Ⅳ』じゃなくて『フィジカル・グラフィティ』の曲じゃないか」と言いたくなった(笑) また、女子高生の間で「ベネター・ルック」なる格好が流行っていたようで、あのパワフルな歌姫パット・ベネターの格好を真似ていたのも、時代を感じる。 懐かしき青春映画、といった作品だった。

  • 鑑賞日 2016/2/20

    カルト的名作

    エイミー・ハッカリング監督による、青春学園・コメディ。 南カルフォルニア、リッジモント高校に通う、リンダ(フィービー・ケイツ)とステイシー(ジェイソン・リー)は、ボーイフレンドとの恋で頭がいっぱい、そして、ステイシーが初体験で、妊娠してしまう・・・。

  • 鑑賞日 2017/9/30

    1982年、フィービー・ケイツ登場。

     初見です。  映画の出来は、軽い。     終わり方なんか適当に切り上げたという感じだ。       でも憎めない。    今はジジ・ババになった人のハイスクール時代の顔を見て、あっという間に時が過ぎてしまう。    ショーン・ペン21才のとっぽい顔と演技は、傑作だ。    そしてしょっぱなの作品からヌードを披露するフィービーちゃん18才、気前いいね。    ニコラス・ケイジ18才が、フットボールの観客席で1秒だけ映る。(他のシーンにも出てるのかな。ちなみにニコラス・コッポラ名義でデビュー作です)  フォレスト・ウィテッカー20才(デビュー作)はセリフあります。    脚本はキャメロン・クロウ。     すべてにわたって嫌味なし。(深みもないけど・・・。) でもセックスシーンの顛末は、妙にリアル。  主役はフィービー・ケイツではなく、ジェニファー・ジェーソン・リー20才だろう。   「ヘイトフルエイト」の彼女を見てから本作を見ると、隔世の感でため息をついてしまう。       可愛いのなんのって・・・。

  • 鑑賞日

    ゴールデン洋画劇場

    ゴールデン洋画劇場でよく放送してた。当時小学生で、いやらしい映画だと思っていたので恥ずかしくてみれなかった(苦笑)大人になってからDVDで鑑賞したら、ショーン・ペン、フォレスト・ウティカー、ジェニファー・ジェイソンリー、ニコラス・ケイジ、他にも有名どころが出ていたので驚いた!しかも脚本はキャメロン・クロウ!ショーン・ペン演じたサーファー役はアメリカではモノマネをされる程の伝説キャラになってます。

  • 鑑賞日 2000/10/10

    青春

     普通に青春な学園(?)ドラマかな?と思いますが・・・。今ではもうおじさん叔母さんになっている同世代の人たちの演技を見ると・・・。どうかな?今見たらもしかしたら笑える作品になるかもしれませんね~。特にショーン・ペンが。

  • 鑑賞日

    S・ペンにビックリ

    シリアスな役を演じるイメージが強かったS・ペンが、こんなおバカな役も演じていたとは正直ビックリ。デビュー間もないとはいえ、どんな役でも貪欲に求めるそのバイタリティこそが、今現在の役者としての懐の深さに結びついているのかもと勝手に納得。 そんなエキセントリックな役柄を過不足無く演じるS・ペンをはじめ、若かりし頃のF・ウィッテカーやJ・ラインホルド、名バイプレイヤーのR・ウォルストンやV・スキャベリ、そして、キュートなP・ケイツといった俳優陣の個性豊かな怪演好演が楽しめる。 ちなみに、青春群像劇の定型にエロネタてんこ盛りの物語は、さしずめコミカル版「アメリカン・グラフィティ」とも言える味わいだった。

  • 鑑賞日 2013/1/2

    80年代のポップ・アイコン満載

    サントラ盤持ってるくせに実は初見。キャメロン・クロウ原作・脚本。VANSのスニーカー、ビデオゲーム、Go-Go's...80年代のポップ・アイコン満載。ショーン・ペン、ジェニファー・ジェイソン・リー、フィービー・ケイツ、はてはフォレスト・ウィテカーまで後の大物が多数出演の青春セックス・コメディ。フィービー・ケイツのおっぱいが拝めます。

  • 鑑賞日 2002/11/6

    今となっては実現不可能な豪華なキャストに先見の明が窺える傑作青春映画。特にヤク中サーファーのショーン・ペンが目立っている。

  • 鑑賞日 2012/6/13

    アメリカ学園ものの古典

    本当にドラマティックな事件は何も起こらないし、ティーンの生態を一年間描いているだけ。それなのにすごくキラキラしてる。アメリカ学園ものクラシック!

  • 鑑賞日 2012/5/22

    すげーかわいいのにビッチになっちゃってしまいには妊娠しちゃって相手の男にちょっと同情する。言いたいことは多々あるけどアメリカングルフィティからスーパーバッドまでのアメリカ青春映画のターニングポイント的な作品なのかな

  • 鑑賞日 2012/3/31

    有名になる前(?)の、ショーン・ペン、ニコラス・ケイジ、フォレスト・ウィッテカーを拝める作品。 ショーン・ペンと米国史の先生の対決は爆笑必死。彼の意外な演技を観られて良かったです。 恋愛経験の浅いカップルの駆け引きシーンは無駄にリアルでしかもハラハラドキドキさせられました。 脚本を手がけたキャメロン・クロウが実際に学校に潜り込んで人間観察を行ったため、 リアルでぶっ飛んだ学園生活を楽しめました。