PROGRAM

放送作品情報

シスターズ

SISTERS 2015年 アメリカ / 118分 コメディ

[PG12相当]大人になれないアラフォー姉妹がどんちゃん騒ぎ!人気コメディエンヌ競演の爆笑コメディ
放送日時
2019年03月09日(土) 深夜 03:45 - 06:00
2019年03月22日(金) 06:00 - 08:30
解説

人気コメディ番組『サタデー・ナイト・ライブ』出身のエイミー・ポーラーとティナ・フェイが抜群の相性を披露。お下劣なユーモアを交えて繰り広げるどんちゃん騒ぎが、やりたい放題すぎてスカッとする。

ストーリー

シングルマザーの姉ケイトとバツイチの妹モーラは、40代になってもなお仕事と私生活が不安定なままだった。大人になってからすっかり疎遠になっていた2人は、実家を売却することにしたと両親から知らされる。部屋の荷物を片づけるよう呼び戻された2人は、久しぶりの再会を果たす。何の相談もなく売却を決めた両親に腹を立てた2人は、生まれ育った家に昔の仲間を集めて盛大なパーティーを開こうと思いつく。

出演

エイミー・ポーラー
ティナ・フェイ
マーヤ・ルドルフ
アイク・バリンホルツ
ほか

字幕/吹替
字幕
掲載制限
PG12相当
カラー/白黒
カラー
画面サイズ
ワイド画面
HD
※【ザ・シネマHD】にご加入の方は、
HD画質でご覧頂けます。

オススメキーワード

  • 鑑賞日 2019/3/14

    バカバカしいけど強烈に笑える。笑いたい人にはおススメ。

    下ネタばっかだけど。 バックグラウンドがわからないので見終わって調べたら、姉妹役は”Saturday Night Live”で人気の人達とのこと。そんな感じがしていた。吉本芸人がお馬鹿やってるノリなのだが、ぶっ飛び方が強烈でとにかく笑える。 ブティックでの試着、ネイルサロンでの韓国人へ・ウォンの名前発音シークエンスなどは笑いが止まらない。 で、エンドクレジットでのネイル・サロンNG集でさらに笑わせてくれた。 80年代のアメリカのヒット曲や、当時の時代感に疎いのでパーティシーンなどは本場のアメリカ人にはもっと笑えるのだろうが、極東の部外者ニッポン人にもかなり笑えるし作者の視点は感じ取れる。 例えば両親の家を買おうとしているニューヨーカー夫婦の描き方。なんでここまで攻撃的になるのかよくわからないが、とにかく馬鹿にしている。特に奥さんを。 近所に住む独身男をナンパしてパーティに招待し、いい感じになるが誤ってバレリーナのオルゴールが肛門に刺さってしまい、ずっと『エリーゼのために』が流れたりというのもおかしい。ずっと意地悪し続けあっていた高校同級生と最後は和解して、主人公2人も成長するエンディングも気持ちがいい。 ドラッグの売人の商品目録の口上にも笑った。アメリカでも違法なのだろうが、ピエール瀧がコカイン云々で逮捕された時に見たので、日本での基地外じみたマスコミのバッシング報道に比べてずっと成熟していると思う。 マスコミ、特に民放TV局のワイドショー、てめえらは高見に立って過ちを犯した者を断罪し足を引っ張り続ける。こういった「報道」という名のリンチを野放しにし、許容する社会っておかしいよ。 大昔の《サザエさん》ではワカメがちゃぶ台の上に放置してあったヒロポン飲んでハイになってたのにね。ワカメちゃんも人間やめなきゃいけないの???