PROGRAM

放送作品情報

パイロマニアック 〜炎の中の獣〜

PYROMANEN 2016年 ノルウェー / 98分 サスペンス ドラマ

人間の深い闇が渦巻く、衝撃の実話を基にした事件の真相とは?美しい北欧の街が舞台の重厚なミステリー
放送日時
2019年04月03日(水) 11:00 - 13:00
2019年04月06日(土) 深夜 04:00 - 06:00
2019年04月12日(金) 17:15 - 19:00
2019年04月15日(月) 深夜 03:30 - 05:30
2019年04月21日(日) 06:00 - 08:00
解説

初監督作『不眠症 オリジナル版 インソムニア』をクリストファー・ノーランがリメイクして注目された鬼才エーリク・ショルビャルグの作品。連続火災事件の大炎上シーンなど、謎の事件とその映像の迫力も見どころ。

ストーリー

1978年。兵役を終えた19歳の青年ダグがノルウェーの小さな村に帰郷する。地元の消防団長を務める父アルフレッドに幼い頃から憧れていたダグは、まだ就職先が決まっていないこともあり、消防団を手伝うようになる。そんな中、村で数年ぶりに山火事が発生。父と共に出動して必死に消火活動を行ったダグは、父から褒められて自信をつける。その後も立て続けに火災が発生し、そのたびにダグの消防士としての評価が高まっていく。

出演

トロン・ニルセン
リヴ・ベルンホフト・オーサ
ペール・フリッシュ
ヘンリク・ラファエルソン
ほか

字幕/吹替
字幕
掲載制限
なし
カラー/白黒
カラー
画面サイズ
ワイド画面
HD
※【ザ・シネマHD】にご加入の方は、
HD画質でご覧頂けます。

オススメキーワード

  • 鑑賞日 2018/8/26

    (。 ・o・)

    北欧特有の静けさが漂う作品。 心に闇を抱えた青年の影を主役の俳優が素晴らしい演技で魅せる。 冒頭から結末は想像できるが、彼を取り巻く人々の心情を淡々と綴っている。 事実の映画化ということで、観る方にも戦慄が走る・・。 劇場未公開ながら素晴らしい作品。

  • 鑑賞日 2018/3/19

    炎の闇に佇む

    実話に基づくサスペンス。 静かな村の連続不審火。 物語は淡々と事件と人々を追う。 人気のない山道。空き家。 犯行が早々に映されるので推理物には程遠い。 静かな土地にモンスターが育つ。放火癖。残る家族。 地味な演出の心理映画。

  • 鑑賞日 2017/8/28

    少年の孤独な心を描くノルウェー映画

    監督は『不眠症 オリジナル版 インソムニア』のエーリク・ショルビャルグ。 1970年代、ノルウェー南部の小さな村。 村の中心部を除き、林の中に、ぽつんぽつんと人家が点在するような村。 19歳のダグ(トロン・ニルセン)は、先ごろ兵役を終えて実家に戻ってきた。 学生の頃を優秀だったダグだが、一方、周囲からは変わり者ともみなされていた彼は、消防団長である父親の手伝いをして過ごす毎日。 孤独からか、心の隙間を埋めるように、人里離れた雑木林に火をつけた。 それは次第にエスカレートしていき・・・ というところから始まる物語で、寒そうな村の風景をバックに、少年の孤独な心が描かれていく。 なので、いわゆるジャンル映画としてのサスペンスを期待すると裏切られることになる。 少年の心がどれほど孤独なのか、そこいらあたりは劇中、ぽつりぽつりとしか描かれておらず、わかりづらいのが難点なのだが、ノルウェーの寒々とした風景の中での、寡黙なダグの表情から、それもなんとなくわかるような気がする。 自分の無力さと対抗するかのような火の持つ圧倒的な力。 そして、消防団員として、その火を消していくことで、自分自身を認め、周囲に認めてもらおうとする。 実話をもとにした映画だそうな。