PROGRAM

放送作品情報

ネッド・ライフル

NED RIFLE 2014年 アメリカ / 85分 ドラマ

波乱に満ちた家族の物語が完結──孤高のインディーズ監督ハル・ハートリーによる幻の3部作最終章
放送日時
2020年02月09日(日) 深夜 02:00 - 03:45
2020年02月18日(火) 17:15 - 18:45
解説

ハル・ハートリー監督が17年に渡って描いた『ヘンリー・フール』3部作最終章。第1作に子役で出演したリーアム・エイケンが18歳の息子ネッド役で主役を務め、多感な少年の成長をナイーブな演技で体現する。

ストーリー

父ヘンリーは殺人と国家反逆の罪で指名手配され逃亡中。母フェイはテロ犯として終身刑の身に。一人残された息子ネッドはプロテスタントの里親に引き取られ、苗字をライフルに変えて暮らしていた。18歳に成長したある日、ネッドは一家離散の元凶である父ヘンリーを殺そうと決意し、行方不明の父を捜す旅に出る。その道中で叔父サイモンの詩を研究しているというスーザンと出会い、2人は旅を共にすることになる。

監督・脚本

ハル・ハートリー

出演

リーアム・エイケン
マーティン・ドノヴァン
オーブリー・プラザ
パーカー・ポージー
ほか

字幕/吹替
字幕
掲載制限
なし
カラー/白黒
カラー
画面サイズ
ワイド画面
HD
※【ザ・シネマHD】にご加入の方は、
HD画質でご覧頂けます。

オススメキーワード

  • 鑑賞日 2020/1/12

    「ヘンリー・フール 三部作」の完結編

    ハル・ハートリー監督の「ヘンリー・フール 三部作」の完結編。 更に意外な展開を見せる凄い終わり方に、ただ驚くばかり…。 前作『フェイ・グリム』で母親フェイが国際テロリストとして収監されたニュースで始まる。夫ヘンリー・フールのために、生涯刑務所ぐらしとなる様子の女性フェイ。 ヘンリーとフェイの息子ネッドは、18歳の誕生日を迎えて祝ってもらう幸せな環境にいるが、母親そして家族に不幸をもたらした父親に復讐しようと決意して牧師の家を出る。拳銃を持って…。 そこに年上の文学女性スーザンと出会って、ネッドと二人でヘンリー探しを始める。二人はある研究施設に軟禁状態だったヘンリー・フールを見つける。 しかし、その女性スーザンは『ヘンリー・フール』一作目で、ヘンリーが13歳の少女と淫行して牢屋に7年入ったが、その女性だった!スーザンは偏執的にヘンリーを追究する人になっていて、更に体を交えるのだが、スーザンはヘンリーを射殺する。 そのスーザンをネッドはナイフで刺してしまうのだが……という驚きの展開。 やはり「ヘンリー・フール 三部作」として、『ヘンリー・フール』⇒『フェイ・グリム』と観たら、本作を観ないわけには行かなかった。 凄い終わり方にビックリしながら、今後、ハル・ハートリー監督作品が上映されたらプライオリティを上げて鑑賞することにしたい。 (※)本作1本を観たいがために、CS放送(ザ・シネマ)を1ヶ月契約延長した。他に観たい作品は無かったが…(笑)

  • 鑑賞日 2018/6/4

    何という幕切れ

    ‪#0459 UPLINK「ネッド・ライフル」。「ヘンリー・フール」「フェイ・グリム」に続くトリロジーの最終章。母フェイの逮捕後教会に預けられていた息子ネッドが、母の運命を狂わせた父ヘンリーを殺すための旅と同行者スーザンの意外な正体。そして、ずっと周囲を巻き込んできたヘンリーの要求を拒絶することでグリム一家の長い物語は幕を閉じるのである。