ポンペイ

大噴火が迫る古代都市ポンペイを舞台に、アクション、ラブロマンスを盛り込んで描く歴史スペクタクル大作!
© 2014 Constantin Film International GmbH and Impact Pictures (POMPEII) Inc.

解説

『バイオハザード』シリーズのポール・W・S・アンダーソン監督が、古代都市ポンペイが火山の大噴火で壊滅した史実を背景に描く。大都市を1日で消滅させた災害描写や豪快な剣闘シーンなど、興奮する見せ場が満載。

ストーリー

西暦79年、ローマ帝国。幼い頃ローマ軍に一族を殺されたマイロは、奴隷商人に育てられ一人前の剣闘士へと成長する。コロシアムでの試合に参加するため、マイロら奴隷集団は大都市ポンペイへと向かっていた。その途中、マイロは馬の怪我で立ち往生している権力者の娘カッシアを手助けする。その姿に心惹かれるカッシア。その後、試合前夜の宴で2人は偶然再会するが、カッシアとの結婚を目論む元老院議員コルヴスに引き離される。

放送日時

2017年10月28日(土) 21:00 - 23:00

2017年10月29日(日) 12:00 - 14:00

2017年10月31日(火) 13:00 - 15:00

2017年10月31日(火) 21:00 - 23:00

ザ・シネマでは、映画本編開始前にオープニング映像および番組宣伝等が入りますが、各作品の「本編時間」には含まれておりません。あらかじめご了承ください。
※番組内容・放送スケジュールは都合により変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。

※ザ・シネマのウェブサイトがKINENOTEのユーザー・レビューを読み込みに行くのは1日に1度、早朝ですので、KINENOTEに感想を書き込んでも ザ・シネマ側にそれが表示されるまでにはタイムラグがあります。悪しからずご了承ください。

みんなの映画レビュー

    • 鑑賞日 2017/8/12

火山の噴火で起きた火砕流により一瞬にして消滅したローマの古代都市ポンペイを舞台にした映画。
裕福な娘カッシアと奴隷マイロとのストーリーはまるで名作「グラディエーター」のようで、ポンペイでなくても良い気がしながら見ていた。
「バイオハザードの監督ポール・W・S・アンダーソンが制作」がキャッチコピーらしいのは如何なものか。

    • 鑑賞日 2016/10/4
    • さくっと

AD79年に発生したヴェスヴィオ火山の大噴火をテーマにした作品。
時代があまりにも古く、当時の文献も残っていないことから人間に関するストーリーはほぼオリジナルと考えられます。

地震・噴火・津波と自然災害テンコ盛り。ディザスター映画好きなら映像だけで楽しめる映画。
ヒューマンストーリーも決して悪くは無い。深みは無いがそれなりにまとまっている。
90分という短い尺なのでサクッと観れるのも良い。
キャスティングも自分は嫌いじゃないなぁ。
24を観たことがないのでキーファー・サザーランドは普通に悪人として受入れることができたし主人公のキット・ハリントンも初見だったけどイイ男だと思う。
他のレビューを観るとヒロイン役のエミリー・ブラウニングがあまり評判良くないみたいだけど、自分は別に嫌いじゃない。
マトリックスの「トリニティ」役で一世風靡したキャリー=アン・モスも久しぶりに観て懐かしい気持ちになりました。

前提知識無しで観た割に楽しめた作品でした。
深く考えずに観ることをオススメします。

    • 鑑賞日 2016/3/24
    • 姉妹都市?

確かそうだったはず。鎌原観音堂の地下にも火災泥流で生き埋めにされた人が埋まっているという話が。浅間山山麓に住む者にとって現実問題です。

    • 鑑賞日 2016/2/7
    • あの最期もしたかったんですぅ

観るまでずーっと主演はオーランド・ブルームだと思ってました。
似てませんか?
実際に火山の噴火・火砕流で壊滅した都市・ポンペイ。
今から2000年近くも前に起こった大災害なので、情報源の殆どは発掘された遺跡くらいなもんで、詳細はほとんど分からず。当然この映画の内容もほぼフィクションなわけで。
噴火前から地震は起きていて、噴火してから大量の火山灰が降り注ぎ、津波の発生、火砕流で街は一瞬で飲み込まれて壊滅したという流れは合ってるようですが、人間ドラマ部分はほぼ創作ですね。
ボルケーノ+ザ・コア+グラディエーター+ベン・ハーみたいな感じですかね。
ただ、ボルケーノほど振り切れてい無いし、グラディエーターほどの重みも無いし、当然ベン・ハーほどの壮大さも無い。ザ・コアは近いかも。
ケルト人の騎馬民族の生き残りがグラディエイターとして頭角を現し、身分違いの恋に落ちるというドラマを織り込んでいるわけですけども……安っぽい!
全てにおいてどこかで見たことのあるシュチュエーションで、大体先の展開が読めてしまう。
読めてしまう上にそれを上回る演出があるわけでもなく。
実際の遺跡で、死の瞬間が分かるほどの火山灰による遺体の跡が残っていることでこの映画の企画が始まったのでしょう。死の瞬間が保存されてるなんてある意味ドラマチックですしショッキングですもんね。
ただ、それを主人公カップルが最期のキスをしている瞬間にしようという結末にしたくてこのストーリーを作ったんだろうなーと思えるのが見え見え。
政略結婚とか、ライバルとの友情とか、バトルロワイヤルとか、色々フックとなるような要素を入れ込んではいるものの、料理の仕方にもう一工夫、二工夫足りなかったですねー。

    • 鑑賞日 2015/11/3
    • しょうもない映画

「ベン・ハー」や「スパルタカス」以来、古代ローマ時代を舞台にした大作映画というのはいつも大抵気に入るんだけど、これはちょっと(・・;)という作品。なんかいろいろな映画からちょっとずつパクってきてまとめたみたいなストーリーもどうかと思うし、タイトルからして火山が噴火するのは予想が付くんだけど、最後に主人公まで火砕流に飲み込まれてお陀仏ってのもねえ(´Д` )。
オーランド・ブルームの親戚みたいな主人公に、モーガン・フリーマンを強くしたみたいな黒人の相棒が出てきて既視感たっぷりだし、ヒロイン役の人が日本人の好み的には見た目が微妙すぎるのがちょっと。┐(´д`)┌ 敵役を演じるキーファー・サザーランドの憎々しさはそれなりにいいのと、キャリー=アン・モス(マトリックスのトリニティ役の人だ!)が懐かしくていいんだけど。

原題

POMPEII

監督

ポール・W・S・アンダーソン

出演

キット・ハリントンキャリー=アン・モスエミリー・ブラウニングキーファー・サザーランドほか

製作国

アメリカ/カナダ/ドイツ

製作年

2014

本編時間

105分

画面サイズ

ワイド画面

視聴制限

なし

字幕/吹き替え

字幕

カラー/白黒

カラー

『ポンペイ』© 2014 Constantin Film International GmbH and Impact Pictures (POMPEII) Inc. 『(吹)エイリアン[ディレクターズ・カット版]』© 1979 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved. 『(吹)プロメテウス』© 2012 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved. 『(吹)エイリアンVS. プレデター』© 2004 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved. 『(吹)ワイルドカード』© 2014 SJ Heat Holdings, LLC All Rights Reserved
このページの先頭へ
ページトップへ