PROGRAM

放送作品情報

ジャッカルの日

THE DAY OF THE JACKAL 1973年 イギリス フランス / 字幕 : 143分 / 吹き替え : 115分 サスペンス

フレデリック・フォーサイス原作、フランス大統領暗殺をめぐる社会派サスペンスの秀作!
解説

フレデリック・フォーサイスのベストセラー小説が原作の社会派サスペンスの秀作。『地上(ここ)より永遠に』のフレッド・ジンネマン監督が、フランス大統領暗殺を企てる殺し屋と警察との緊迫した攻防を描く。

ストーリー

1962年フランス、アルジェリアの独立を容認したドゴール大統領に怒った過激派団体OASは大統領の暗殺を企てるが失敗してしまう。この事件がきっかけで、警察に厳しく取り締まられて弱体してしまうOASであったが、再度大統領暗殺を企て、イギリス人の殺し屋ジャッカルを雇う。暗殺計画に気が付いたフランス政府は、敏腕警視ルベルに捜査を一任するが、捜査は難航。相手は一筋縄ではいかない、すご腕の相手だった…。

出演

※(声優)は吹き替え版作品が放送される場合の情報です。
字幕版、吹き替え版については、放送日時横のアイコンでご確認ください。

エドワード・フォックス (野沢那智)
ミシェル・ロンズデール (稲垣隆史)
デルフィーヌ・セイリグ (鈴木弘子)
アラン・バデル (家弓家正)
ほか

字幕/吹替
字幕 吹替
掲載制限
なし
カラー/白黒
カラー
画面サイズ
字幕 : ワイド画面 / 吹替 : スタンダード
HD
※【ザ・シネマHD】にご加入の方は、
HD画質でご覧頂けます。

オススメキーワード