PROGRAM

放送作品情報

ファースト・ディセント

FIRST DESCENT 2005年 アメリカ / 111分 ドキュメンタリー

世界のトップ・スノーボーダーたちが、前人未踏のアラスカの山々に挑む、スポーツ・ドキュメンタリー
放送日時
2020年02月04日(火) 12:30 - 14:30
2020年02月08日(土) 06:00 - 08:00
解説

2006年トリノ五輪金メダリストのショーン・ホワイトら、史上最高の5人のプロ・スノーボーダーが、前人未踏の“ファースト・ディセント”(=人が初めて滑る斜面)に挑む、スポーツ・ドキュメンタリー!

ストーリー

アラスカ州バルディーズに集まった世界屈指のスノーボーダーたち。 プロ・アマチュア・アスリート含め、スノーボード界の実績ある選手たちが誰も足を踏み入れたことのない前人未到のファーストディセントに挑む。スノーボードの変遷・歴史、五輪での競技化、また文化や生活にも視点を当て、広い視野でスノーボードに迫っていく。

製作・監督

ケンプ・カーリー

出演

ショーン・ホワイト
ハンナ・テーター
テリエ・ハーコンセン
ショーン・ファーマー
ほか

字幕/吹替
字幕
掲載制限
なし
カラー/白黒
カラー
画面サイズ
ワイド画面
HD
※【ザ・シネマHD】にご加入の方は、
HD画質でご覧頂けます。

オススメキーワード

  • 鑑賞日 2007/3/5

    6人のスター選手の絆

    アラスカの7000メートル級の山の山頂からスノボで滑る(というより落ちる?)命知らずのスター選手たちの勇姿を追ったドキュメンタリーで、スノボのまだまだ浅い歴史も語られて、日本の熱狂的なイベントも出てくるのが面白く、そういえばあの頃からいろいろなビデオが出ていたよなあ、と思い出したりしました。ウィンター・スポーツを描いた映像としては驚異的なものはあまりなかったとは思いますが、6人のスター選手たちがお互いを認め合って絆を深めている光景はよかったですね。

  • 鑑賞日 2007/4/30

    スノーボードの見方が変わった

     映画の題名を直訳すれば「最初の降下」。未踏峰にヘリコプターで降り立ち、そこから急斜面をスノーボード一本で滑り降りる人々を描いたドキュメンタリーです。  これまで思い描いていたスノーボードのイメージが変わりました。まず、スノボって地面に手をついてもいいんですね。また、空中では手を使ってボードの角度などを微妙にコントロールしていました。何よりも驚いたのは、スノーボードが「滑る技術」よりも「止まる技術」を重要視していたことです。60度に達しようかという急斜面を転ばずに滑り降りるには、途中でスピードを殺し、場合によっては一旦止まってしまうぐらいの技量が必要なのだと知りました。  70年代にアメリカのサブカルチャーとして生まれたスノーボード。映画の中では、この競技がスキーなどの既存の競技に迫害されながらも、次第に世界中に広まっていった事情も、事細かく説明されています。挑戦する勇気と壮大な自然を描いた一本です。