PROGRAM

放送作品情報

沈黙の制裁

THE MERCENARY: ABSOLUTION 2014年アメリカ / 96分 / アクション

最強の相棒を得た傭兵に怖い者なし。美女を守るためスティーヴン・セガールの鉄拳が闇の組織に炸裂!
解説

スティーヴン・セガールが『沈黙の鉄拳』などの盟友キオニ・ワックスマン監督と再タッグ。『沈黙の聖戦』の相棒役で華麗な足技を誇るバイロン・マンと共闘し、ヴィニー・ジョーンズ率いる闇の組織を痛快になぎ倒す。

ストーリー

これまで汚い仕事を請け負ってきた傭兵ジョンは、過去の罪滅ぼしをできる機会を望んでいた。そんなある日、ウクライナに台頭した闇組織の一員を暗殺するようCIAの元仲間ヴァンから依頼される。相棒チーと共にターゲットを始末したジョンがバーで一息ついていたところ、組織のボスによる悪行の証拠を手に逃亡した女性ナディアに救いを求められる。ジョンは追っ手を撃退し女性を守ったことから、自らも組織に命を狙われる。

出演

スティーヴン・セガール
ヴィニー・ジョーンズ
バイロン・マン
ラウロ・チャートランド
ほか

字幕/吹替
字幕
掲載制限
なし
カラー/白黒
カラー
画面サイズ
ワイド
HD
※【ザ・シネマHD】にご加入の方は、
HD画質でご覧頂けます。

オススメキーワード

  • 鑑賞日 2015/2/24

    セガール

    沈黙と名がついてもオヤジが主役でないのが続いていましたが、今回は主役でした。 それも動いていたのに感動です。 ある意味、これだけで私にとっては高得点です。 って、オヤジはどんな存在なんだ!? 今回は中国人パートナー チーと共に悪党を倒す。 このチーのアクションがキレがあってカッコ良い。 そしてオヤジ独特のファイティングポーズが出るだけで痺れます。 ストーリーは単純ながらも男を感じさせてくれました。 ヒロインではありませんが、脇役のお姉ちゃんもなかなかの美人で良かった。 映画とは関係ありませんが、シネマート六本木が閉館になるようです。 ここのところ新作よりもリバイバル上映が幅をきかせていたので、ヤバそうだと思っていましたが案の定でした。 ここの劇場は、韓国や中国・香港映画が中心に上映されていただけに非常に残念です。 それにしてもセガールを上映するとペンペン草もはえませんな。 「銀座シネパトス」「新宿ミラノ座」「シネマート六本木」と、セガールを上映した劇場が閉館になるのは偶然か!? セガールよ、次は何処に。。。

  • 鑑賞日 2015/3/1

    オデッサの戦い

    #0203 シネマート六本木「沈黙の制裁」。日本の配給会社が勝手に名付けている「沈黙」シリーズの新作。前回の「SHINGEKI」はセガールの出番がほとんどない詐欺のような作品だったが今回は現在紛争中のオデッサを舞台に御大のアクションが堪能できた。最後と銘打っているがまた勝手に復活するだろう。