PROGRAM

放送作品情報

山猫は眠らない7 狙撃手の血統

SNIPER: ULTIMATE KILL 2017年 アメリカ / 94分 アクション サスペンス

凄腕狙撃手親子が夢の競演!トム・ベレンジャーらオリジナルキャストが集結する人気シリーズ第7弾
放送日時
2020年05月15日(金) 深夜 04:15 - 06:00
2020年05月21日(木) 06:00 - 07:45
解説

伝説の狙撃手トーマス・ベケット役のトム・ベレンジャーが、息子ブランドンの指揮官役でシリーズ復帰。標的を追跡できるレーザー誘導弾などの最新兵器が登場し、国境を越えた死闘がいっそう息詰まる。

ストーリー

米軍海兵隊の戦友を自殺で失った狙撃兵ブランドンは、戦友が担当予定だった任務を恩師リチャードから要請される。その内容は、米国への密輸ルートを牛耳るコロンビア麻薬カルテルの首領・モラレスを捕獲することだった。狙撃手を引退した父トーマスが指揮を務める中、ブランドンはDEA捜査官エストラーダと組んで任務に挑む。だが彼らの動きが敵に筒抜けで特殊部隊は壊滅。さらにモラレスは殺し屋を雇ってブランドンを狙う。

出演

※(声優)は吹き替え版作品が放送される場合の情報です。
字幕版、吹き替え版については、放送日時横のアイコンでご確認ください。

チャド・マイケル・コリンズ (中川慶一)
ダナイ・ガルシア (土井真理)
トム・ベレンジャー (安原義人)
ほか

字幕/吹替
字幕 吹替
掲載制限
PG12相当
カラー/白黒
カラー
画面サイズ
ワイド画面
HD
※【ザ・シネマHD】にご加入の方は、
HD画質でご覧頂けます。

オススメキーワード

  • 鑑賞日 2019/3/8

    面白いB級、山猫は眠らない7

     このシリーズは、トム・ベレンジャーが扮するトーマスが主演の2と3しか見ていませんでした。どうやら、4からは息子のブランドン(チャド・マイケル・コリンズ)が主演のものに変わっているようです。  本日は、肩の凝らないものとしてもの、B級アクションを観たいと思い、これを選びました。しかし、期待以上、サスペンスとして本当に面白かったです。  米海兵隊の狙撃手ブランドンは、コロンビア麻薬カルテルのボスを捕らえる作戦のため、同国首都ボゴタへ向かった。そこで伝説の狙撃手である父トーマスと合流した彼は、コロンビア麻薬取締局の捜査官エストラーダらと協力して作戦を遂行することになるが、なぜか彼らの作戦は敵に筒抜けで、行く先々で待ち伏せに遭ってしまう。ブランドンは味方に裏切り者がいるのではと疑うが、そのためコロンビア側との関係が悪化してしまい……。  あっという間の94分。面白い、でも、B級です。ストーリーを複雑しないという理由のため、裏切り者は簡単にわかってしまいますから。敢えて、それをわかって面白く見せたクラウディオ・ファエという監督は巧いですね。ただ、残念なのは、エストラーダ役の女優がブスで役柄に魅力がないこと、男女とも好感度は0か。次のものを観たいと思わせる69点。

  • 鑑賞日 2018/6/20

    B級アクションで25年も続くシリーズは珍しい「山猫は眠らない」

     アメリカ海兵隊の凄腕狙撃手(スナイパー)の戦いを描いた戦争アクション映画の第7弾だ。  1作目が作られたのが1993年、どちらかというとB級アクション作品なのに25年以上もシリーズが続いているのは異例だろう。  しかし、1作目の主演トム・べレンジャーも寄る年波には勝てず、ここ何作かは彼の遺伝子を継ぐ息子ブランドンが主役となって、べレンジャー扮するトーマスは脇にまわり指示を出す側になっている。  話は毎回ほぼ同じで、米政府にとっての悪人を駆逐していくというもの。今回はコロンビアの麻薬カルテルのボスを捕らえる任務に就くが、をお願いします。作戦情報が敵側に漏れていて多くの犠牲者を出してしまう。内部の裏切り者を探しながら、カルテルのボスの捕縛に挑む彼らの姿を描く。

  • 鑑賞日 2018/5/7

    狙撃も様変わり

    舞台はコロンビア・ボゴタ。敵は麻薬王モラレスの組織。 レギュラー出演者が多く新キャラはDEAのケイト・エストラーダ。 強敵・狙撃手ディアブロ。 内通者が話のポイントだがミステリにはなっていない。 レーザー誘導弾丸。距離データ爆発弾丸。 新たな技術開発が狙撃を変えていく。 脚本に新鮮味が無い娯楽作。