PROGRAM

放送作品情報

世界殺人公社

THE ASSASSINATION BUREAU 1969年 イギリス / 字幕 : 110分 / 吹き替え : 95分

殺人請け負い業の若旦那と役員たちが殺し合い!絢爛豪華なベル・エポック期を舞台にしたクライム・コメディ
解説

70年代ワイルド系俳優、英国のオリヴァー・リードと米国のテリー・サヴァラスが紳士ぶった上流階級役で対決。007と結婚した唯一のボンドガール役ダイアナ・リグはツンデレヒロインを好演。軽妙洒脱な犯罪喜劇。

ストーリー

時は20世紀初頭のロンドン。女性記者ウィンターは、ある合言葉が新聞の広告欄に載ると人が死ぬという事実を発見し、これが殺人依頼広告であると気づく。彼女は自ら合言葉を使って同様の広告を出し、殺し屋の方から接触してくるのを待つ。やがて接触してきた相手は、個人ではなく立派な大企業であった。その代表ドラゴミロフと面談した彼女は、「貴社に、貴方を殺してほしい」と吹っかけてみると…なんとドラゴミロフは快諾する。

出演

※(声優)は吹き替え版作品が放送される場合の情報です。
字幕版、吹き替え版については、放送日時横のアイコンでご確認ください。

オリヴァー・リード (田中信夫)
ダイアナ・リグ (沢田敏子)
テリー・サヴァラス (森山周一郎)
ほか

字幕/吹替
字幕 吹替
掲載制限
なし
カラー/白黒
カラー
画面サイズ
ワイド
HD
※【ザ・シネマHD】にご加入の方は、
HD画質でご覧頂けます。

オススメキーワード