PROGRAM

放送作品情報

雨のなかの女【町山智浩撰】

THE RAIN PEOPLE 1969年 アメリカ / 103分 ドラマ

町山智浩推薦。都会を出て広い米国を見る女。60年代末ニューシネマの動きと連動したコッポラ初期の重要作
解説

町山智浩セレクトのレア映画を町山解説付きでお届け。監督の母の体験をもとにした「家を出て放浪する主婦」ロードムービー。ハリウッドを飛び出し米国を再発見するロケを敢行。ニューシネマ運動とも連動した重要作。

ストーリー

突然、夫を残して家を飛び出した妊娠初期の若妻。自分でもそうした理由はよく解らない。主婦業が息苦しくなったのか、モーテルに泊まりながら、車であてどもないアメリカ横断の放浪を続ける。途中、キラーという逞しいヒッチハイカーを拾う。彼女には下心があったが、キラーはアメフトの怪我で脳に障害を負っており男女の関係は望めなかった。ふと彼は、泣くと涙になって溶ける、哀しみを抱えた“雨人間”の物語を彼女に聞かせる。

出演

シャーリー・ナイト
ジェームズ・カーン
ロバート・デュヴァル
ほか

字幕/吹替
字幕
掲載制限
なし
カラー/白黒
カラー
画面サイズ
ワイド画面
HD
※【ザ・シネマHD】にご加入の方は、
HD画質でご覧頂けます。

オススメキーワード

  • 鑑賞日 2019/9/20

    サイモンsaysゲームと、途中で通ったマディソン郡の橋のような屋根付き橋が、どこかで観たはずの自分の記憶に引っかかっていてもどかしい。 私の人生って何?を問う作品。

  • 鑑賞日 2019/9/19

    コッポラ監督が自身の独立プロで制作した、第一回作品のロードムービー。 欲求不満の主婦が車を運転してニューヨークから西に向かう。途中でヒッチハイクをしていた大学の元フットボール選手のジェームズ・カーンを拾ってから話が展開していくが…という話。 この主婦の行動が良く分からない。カーンを愛していると言いながら、直後にナンパされたロバート・デュヴァルにホイホイついていく。そして虚しいバッドエンド。 タフな男の役が多いジェームズ・カーンが、若い頃にこんな役をやっていたとは意外。そして心に残る好演だった。

  • 鑑賞日 1976/4/24

    ロードショーではない

    本作はロードショー公開されていない。「サンタ・ビットリアの秘密」の併映として公開。老練と新鋭の組み合わせ。

  • 鑑賞日 1975/5/7

    コッポラ、「ゴッドファーザー」以前。

      記憶なし。           ジェームズ・カーン、ロバート・デュバルのゴッドファーザー組、出演。        スタッフにジョージ・ルーカスの名前あり。    同時上映「レーチェル レーチェル」

  • 鑑賞日 1970/12/24

    入魂のショット

    この頃のコッポラは、ワンカットもゆるがせにしない入魂の作品を放っていた。しかし、カネにならない。大作主義に流れていくのだった。