PROGRAM

放送作品情報

ミート・ザ・ペアレンツ2

MEET THE FOCKERS 2004年 アメリカ / 116分 コメディ

コメディ界最強の父親2人がついにご対面!ふりまわされる息子と娘は、無事結婚できるのか?
放送日時
2019年12月02日(月) 17:00 - 19:00
2019年12月07日(土) 14:00 - 16:00
2019年12月13日(金) 16:30 - 18:30
2019年12月21日(土) 深夜 01:00 - 03:00
2019年12月31日(火) 08:00 - 10:00
解説

前作では彼女の堅物パパ役デ・ニーロと、ドジな彼氏ベン・スティラーの掛け合いが面白かったが、そこにベン・スティラーの奇人変人両親役でダスティン・ホフマン&バーブラ・ストライサンドが参戦。面白さも倍増!

ストーリー

看護士ゲイロード・フォッカーは心優しい青年。フィアンセ、パムとの結婚も間近だ。最大の難関、両家の顔あわせをすることになった2人がパムの実家を訪ねると、パムの父で元CIAのジャックは防弾ガラスを装備した黒塗りのキャンピングカーを用意していた。両親のことでジャックに苦しまぎれの嘘をついているゲイロードは、生きた心地がしないまま、彼女の両親とともにその車で故郷へむかうのだが…。

監督・製作

ジェイ・ローチ

出演

ロバート・デ・ニーロ
ベン・スティラー
ダスティン・ホフマン
バーブラ・ストライサンド
ほか

字幕/吹替
字幕
掲載制限
なし
カラー/白黒
カラー
画面サイズ
ワイド画面
HD
※【ザ・シネマHD】にご加入の方は、
HD画質でご覧頂けます。

オススメキーワード

  • 鑑賞日

    ベンとロバートの絡みが見どころ!

    兎に角2人の絡みが面白い!笑笑

  • 鑑賞日 2012/2/14

    1に続いて安定の面白さだった。

  • 鑑賞日 2017/11/10

    ダスティン・ホフマン登場

    今回はデ・ニーロがダスティン・ホフマンに振り回されるシーンが多かったのが面白い。ダスティンがデ・ニーロやバーブラを相手にとても楽しそうに演じている感じがした。

  • 鑑賞日 2005/11/30

    ベテランの名優が結構真面目に取り組んでいる

    かなりのきわどいギャグの応酬ですが、ベテランの名優が結構真面目に取り組んでいるので楽しめました。デ・ニーロとホフマンが全く正反対の役柄を楽しんでやっている感じで、バーブラもなんとなく柄に合った役のように見えてしまいました。

  • 鑑賞日 2016/5/30

    シリーズモノとしては、

    前作の1よりも、こちらの2の方が面白い。 やはり、ロバート・デ・ニーロのカタブツが、コメディをやるミスマッチ的な配役が、ベストマッチ。 終盤にオーウェン・ウィルソンが登場。 ちょうどこの頃は、チーム?フラット・パックとして、それぞれ色々な作品で共演したコメディ作品が流行った時代かな。 まぁ、ベン・スティラー以外、ロバート・デ・ニーロとダスティン・ホフマン、バーバラ・ストライザント、グゥイネス・パルトロウのお母さん達、大俳優がコメディをやるとこうなると言う、オモシロイ作品。

  • 鑑賞日 2016/5/8

    デ・ニーロとホフマンを「タクシードライバー」「マラソンマン」で知った世代としては、二人のジイさんぶりがショッキングな作品。コメディといえ、一般家庭でこんな下ネタ全開の会話してるというのも変な国民だ。

  • 鑑賞日 2005/8/15

    くだらないギャグの連発だけれど

    出演陣が豪華になった分だけ面白さもアップ。くだらないギャグの連発だけれど、出演者が楽しんでいる感じが画面から伝わってくる。点数はオマケ。

  • 鑑賞日 2016/2/21

    前作で婚約が許されたベン・スティラーとテリー・ポロの二人。今度は親同士の顔合わせとなるのだが。。ベンの両親役にダスティン・ホフマンとバーブラ・ストライサンドという豪華の顔ぶれ。デ・ニーロを挟んだ演技対決も見物。それにしても、欧米のコメディには必ずと言っていいほど、下ネタギャグが出てくるのだが、今作もバーブラの役がセックスセラピストという設定で、とにかくそっち系の話が多い。日本人から見ると微笑ましいというよりは、ちょっとえげつない感じも受けるのだが、この辺が欧米人との感覚の違いなのだろうか。

  • 鑑賞日 2015/4/3

    ダスティン・ホフマンも!

    ベン・スティラー、デ・ニーロに関しては一作目。義理の父と息子になれるか?が焦点。 今回は、両親同士が初顔合わせ。 案の定、いろんなことが起ってしまう。 観ていて飽きないよ♪

  • 鑑賞日 2014/9/12

    おもしろかった。これは2作目もいい。こういうコメディは良い。

  • 鑑賞日 2005/12/5

    凄い面子

    凄い面子が揃ったなー。デ・ニーロが力を入れているし、バーブラまで登場。もっと続編を作ってほしいシリーズだ。

  • 鑑賞日 2014/4/12

    ペット同士のバトルも

    前回はなんとか結婚を認めてもらおうと悪戦苦闘するベン・スティーラーと絶対娘を嫁にやるものかという意気込みのデ・ニーロとの二人の掛け合いが笑いのポイントだったけど、今回はさらに上回るキャラクターとしてベンの両親がそれに絡む。デ・ニーロとD・ホフマンとのツーショットというのも珍しい。いささか下品すぎるホフマンとストライザンドの演技にはデ・ニーロでなくともしかめっ面になるだろう。アメリカのホームドラマによく登場してくる頭にSEXしかないような夫婦というのは正直あまり笑えない。無理にテンションをあげようとしているように見えてしまう。むしろ今回は前回のベンがそうだったように、振り回される側に立ったデ・ニーロの表情がみどころだろうか。また前回 同様愛猫ジンクスがなにげに活躍、相手の愛犬を水洗で流してしまうところは笑えた。この何事にも冷静に対処するジンクスは飼い主そっくりなのだが、相手の愛犬も常にさかりがつきっぱなしなところは飼い主同様。それとデ・ニーロが教育に夢中になっている赤ん坊がCGかと思うぐらいに表情豊かなのにも驚きました。

  • 鑑賞日 2013/8/19

    パパのクルマはCIA特注、凝った装備もデ・ニーロ アプローチ?

    ミート・ザ・ペアレンツの続編で、ベン・スティラーの両親が登場する運びとなった。 それがなんとダスティン・ホフマンとバーブラ・ストライザンドときたから驚いた。 デ・ニーロを含めてこの豪華メンバーで、喜劇なのだからこたえられない。 ユダヤ系をおちょくる微妙な遊びがあるが、有色人種だとこうはいかないだろう。 人種のるつぼといえども、縁組で喜劇になるのは白人同士ということなのかもしれない。

  • 鑑賞日 2013/9/6

    更なる強力キャラ

    前回のノリのまま、ダスティン・ホフマンと バーブラ・ストライサンドというすごいキャストぶっ混みましたという力業の強引さはあるけれど、けっこう面白かった。下ネタ多すぎ(笑)デニーロのオッパイバンド姿は必見!

  • 鑑賞日 2013/8/27

    あんな豪華なキャンピングカーあるんだな

    あの留守電は笑ったけどね 下ネタが多すぎる。 1もただのドタバタだったけど、下ネタだらけになってさらにタチが悪くなった

  • 鑑賞日

    結婚

    まだ結婚してない身には勉強になる映画。すべて100%の自分の思う通りに行く訳がないのだから、妥協することも必要だと思った。優先順位を付け、あるところで線引きしないといつまでたっても結婚できないなあと。義理の両親と不仲でも、本人同士が上手くいっているなら結婚して良いと思うけど、性格等も自然と親に似るものだと思うから長続きしないのかな、なんて思ったり。

  • 鑑賞日 2013/8/20

    バーブラ・ストライサンド

    リバイバル映画を見ている雰囲気です。バーブラ・ストライサンドとダスティ・ホフマン、そしてロバート・デ・ニーロ、アメリカ映画はベテランを使うのが巧い。それにしても僕にはベン・スティラーがこんなに人気があるのか分からない。

  • 鑑賞日

    あんな頑固親父がいたら逃げたくなる

    1作目でかなり笑わせて貰ったこともあり、期待しまくっていた本作。そしてその期待にしっかり応えてくれた出来に大満足。本シリーズの成功は、まずもってロバート・デ・ニーロが頑固親父を演じたことにある。俳優としても今や貫禄十分だし、その彼が恋人の父親なんてことになったら全米の未婚男性は震え上がってしまうほど。そこにベン・スティラーならではの笑いを加えれば、そりゃ面白くないわけがない。 原題も前作の「Meet the Parents」から「Meet the Fockers」に変わってるところなんてかなりセンスがある。邦題もそのままにすりゃ良かったのにと思っても、日本人の場合は「〇〇パート2」とナンバリングされると弱いからなぁ。続編ができるとこりゃ面白いシリーズに違いないと客足も伸びるということで、配給会社にすれば「ミート・ザ・ペアレンツ2」にしたのは懸命な判断か。

  • 鑑賞日 2012/10/22

    デニーロVSホフマン

    俳優は豪華だが、話は下ネタが多い。

  • 鑑賞日

    義父との抗争

    近い環境にあると笑える。