PROGRAM

放送作品情報

マリー・アントワネット(2006)

MARIE ANTOINETTE 2006年 アメリカ / 123分 歴史劇

ガーリーでポップでキュート!これがソフィア・コッポラ流のマリー・アントワネット
解説

贅沢で国を傾けたマリー・アントワネット。パーティー三昧のキラキラした毎日の楽しさから抜け出せなくなった彼女は、そこまで悪女か?彼女が見ていた世界をそのまま鮮やかに描く、流石のソフィア・コッポラ監督作!

ストーリー

14歳で王家に嫁いで、王太子妃となったマリー・アントワネット。フランス王室のしきたりに時に困惑し、男児懐妊を期待されるプレッシャーに傷つきながらも、少女らしい屈託のなさと、可愛い物・素敵な物に囲まれて暮らすことで、彼女なりに楽しい日々を送っていた。やがてパーティーや夜遊びの楽しさを覚えた彼女の目に、世界はさらにキラキラして見えるようになる。だが、いきり立った貧しい民衆は、それを激しくバッシングする。

出演

※(声優)は吹き替え版作品が放送される場合の情報です。
字幕版、吹き替え版については、放送日時横のアイコンでご確認ください。

キルステン・ダンスト (園崎未恵)
ジェイソン・シュワルツマン (佐久田修)
リップ・トーン (藤本譲)
ほか

字幕/吹替
字幕 吹替
掲載制限
なし
カラー/白黒
カラー
画面サイズ
ワイド
HD
※【ザ・シネマHD】にご加入の方は、
HD画質でご覧頂けます。

オススメキーワード