PROGRAM

放送作品情報

ラストマン・スタンディング

LAST MAN STANDING 1996年アメリカ / 字幕 : 101分 / 吹き替え : 96分

黒澤明『用心棒』のハリウッド版リメイク。西部劇のムード漂う頭脳戦ギャング・アクション
解説

黒澤明監督、三船敏郎主演作『用心棒』を、ウォルター・ヒル監督、ブルース・ウィリス主演でリメイクしたバイオレンス・アクション。30年代米に舞台を移し、西部劇さながらのガン・アクションが展開する。

ストーリー

アメリカの禁酒法時代、荒涼とした西部の町ジェリコに二丁拳銃の使い手ジョン・スミスがやって来た。この町ではドイル率いるアイルランド系とストロッジ率いるイタリア系のギャングが対立。金になると踏んだスミスは、ストロッジの用心棒になって内部事情を探り、さらに高い報酬を条件提示してきたドイル側に寝返る。やがて恋人をメキシコに避難させたスミスは、両組織を一気に潰そうと企む。

出演 ※(声優)は吹き替え作品が対象です

ブルース・ウィリス (野沢那智)
クリストファー・ウォーケン (立木文彦)
ブルース・ダーン (山野史人)
ほか

字幕/吹替
字幕 吹替
掲載制限
なし
カラー/白黒
カラー
画面サイズ
字幕 : ワイド / 吹替 : スタンダード
HD
※【ザ・シネマHD】にご加入の方は、
HD画質でご覧頂けます。

オススメキーワード