アルフレード アルフレード

この世に幸せな結婚など存在しない!?ダスティン・ホフマン主演、苦笑と皮肉たっぷりの愛の悲喜劇
1972@ MEDIATRADE

解説

離婚が法律で禁じられていたイタリアで、結婚・離婚をめぐる悲喜劇を描くことが多かった、『イタリア式離婚狂想曲』などで知られる巨匠ピエトロ・ジェルミ監督の遺作。本作でもお得意のテーマが貫かれる。

ストーリー

銀行員のアルフレードはある日、薬局の美しい店員に一目ぼれをした。しかしシャイな彼は気持ちを告白することができず、そうこうしているうちに女ウケのいい友人オレステがマリアに目をつけてしまう。彼はマリアの友達をアルフレードの相手役にしてダブルデートを持ちかけ、当日はオレステがマリアの横にべったり。すっかり意気消沈したアルフレードだったがマリアから突然電話がかかってきて、なんと自分への愛を告げられ…。

放送日時

2017年09月04日(月) 13:00 - 15:00

2017年09月14日(木) 深夜 01:30 - 深夜 03:45

2017年09月22日(金) 14:45 - 16:45

2017年09月26日(火) 10:45 - 13:00

ザ・シネマでは、映画本編開始前にオープニング映像および番組宣伝等が入りますが、各作品の「本編時間」には含まれておりません。あらかじめご了承ください。
※番組内容・放送スケジュールは都合により変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。

※ザ・シネマのウェブサイトがKINENOTEのユーザー・レビューを読み込みに行くのは1日に1度、早朝ですので、KINENOTEに感想を書き込んでも ザ・シネマ側にそれが表示されるまでにはタイムラグがあります。悪しからずご了承ください。

みんなの映画レビュー

    • 鑑賞日 2014/6/18
    • 男と女のアイロニカルな顛末

 銀行勤めのスビザ・アルフレード(ダスティン・ホフマン)は三十半ばになっても父との二人暮らしだが、小心者で女性に声も掛けられない。そのアルフレードが薬局に勤める美しいマリア・ローズ(ステファニア・サンドレッリ)に一目惚れする。マリアと付き合うきっかけを与えてくれたのはアルフレードの親友でプレイボーイのオレステ(デュリオ・デル・プレート)だった。てっきり自分はもてないと思い込んでいたアルフレードだったが、意外にもラブレターや電話の攻勢で熱烈に愛を求めてきたのはマリア・ローズの方だった。思いもかけない事態の成り行きに始めのうちアルフレードは舞い上がってしまい彼女のペースにどんどん巻き込まれていく。
 時間が経つうちにマリア・ローズのあまりのわがまま、しつこさ、横柄さなどにアルフレードは辟易してくるが、もう流れを止めることはできず結婚にまで至ってしまう。だが、結婚後父親と3人で暮らし始めても彼女の横暴とも言える振る舞いはエスカレートするばかり。アルフレードはついにそんな生活に耐え切れなくなる。そんな折、オレステに紹介されたカロリーナ(カルラ・グラヴィーナ)という成熟した大人の雰囲気を持つ女性と浮気に走ってしまう。二人は同棲し、マリア・ローズとは離婚訴訟を起こす。アルフレードは離婚賛成の団体の活動に加わるなどしてようやく離婚が成立するが、なんと、マリアはその間オレステと浮気をしていたのであった。そしてアルフレードの方は、カロリーナと数年暮らしている間に彼女の性格や態度が鼻に付きはじめており、いやいや結婚という羽目に陥ってしまっていたのだった。

 男と女の間のアイロニーを徹底して描き出している。好きになった時は盲目的だが、やがて当初は思いもしなかった相手の意外な癖や性格がいやがうえにも見えてくる。そしてそれを感じ始めた頃には、もう婚約も済み、また家族や友人の手前なんかもあったりして時すでに遅しである。そこで人はまたその事態から逃れようと足掻き始めるのだが、結局、二の舞三の舞は避けられない。ずいぶんオーバーにまた喜劇的に描いてはいるとは思うが、笑ってばかりはいられないという気持ちにさせられる。いかにもイタリアン・リアリズム的な一作であった。

    • 鑑賞日 1973/10/16
    • 艶笑もの転向後のジェルミ。

 ダスティン・ホフマンだから見れるが、新鮮さはない。

    • 鑑賞日 1974/4/20
    • ピエトロ・ジェルミ

1974年4月20日に観賞。高知・土電ホールにて。CIC配給。当時、地方では2本立てで封切られていた。同時上映は同じくユニヴァーサル映画=CIC配給の「ジーザス・クライスト・スーパースター」。

ステファニア・サンドレッリがいいです。

    • 鑑賞日 2013/5/17
    • モテ男はツラい

名優ダスティン・ホフマンが主演のイタリア映画コメディ。
何とダスティンの台詞は全てイタリア人による吹替えというワケ分からない演出。おそらくはピエトロ・ジェルミという名監督のオファーだから受けたのだろう。
これでもかっていう悪妻に悩まされる悲劇の男だが、別に愛人もすぐできちゃうという羨ましいモテ男でもある。テンポがいいので面白く最後まで鑑賞できた。

    • 鑑賞日 2013/4/28
    • アルフレード、アルフレード

ピエトロ・ジェルミの遺作。D・ホフマンがイタリアに招かれ撮られたイタリア映画でセリフは吹き替え。新婚生活の悲劇を喜劇調に描いて大変面白い。

原題

ALFREDO ALFREDO

監督

ピエトロ・ジェルミ

出演

ダスティン・ホフマンステファニア・サンドレッリドゥイリオ・デル・プレタカルラ・グラヴィーナ

製作国

イタリア

製作年

1972

本編時間

104分

画面サイズ

ワイド画面

視聴制限

なし

字幕/吹き替え

字幕

カラー/白黒

カラー

『アルフレード アルフレード』1972@ MEDIATRADE
このページの先頭へ
ページトップへ