ドリームガールズ

スター誕生を圧巻のパフォーマンスで描き出す!ショウビズ界の内幕をゴージャスに映すミュージカル
© 2017 DW Studios LLC and Paramount Pictures Corporation. All Rights Reserved.

解説

トニー賞6部門受賞の大ヒット・ミュージカルを映画化。新人ジェニファー・ハドソンがプロ歌手ビヨンセを圧倒するパワフルなパフォーマンスでアカデミー助演女優賞に。他にアカデミー音響賞(調整)も受賞。

ストーリー

1962年デトロイト。エフィー、ディーナ、ローレルの3人が組む女性ボーカル・グループ“ドリーメッツ”は、成功を夢見てオーディションに挑み続けていた。そんな彼女たちに目を付けたのは、中古車販売会社の経営者カーティス。自らレコード・レーベルを立ち上げ、彼女たちをベテラン歌手ジェームス・アーリーのバック・コーラスに抜擢し売り出していく。やがて3人は“ザ・ドリームズ”としてデビューし、全米で人気を集める。

放送日時

2018年01月04日(木) 21:00 - 23:30

2018年01月13日(土) 16:00 - 18:15

2018年01月16日(火) 21:00 - 23:15

ザ・シネマでは、映画本編開始前にオープニング映像および番組宣伝等が入りますが、各作品の「本編時間」には含まれておりません。あらかじめご了承ください。
※番組内容・放送スケジュールは都合により変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。

※ザ・シネマのウェブサイトがKINENOTEのユーザー・レビューを読み込みに行くのは1日に1度、早朝ですので、KINENOTEに感想を書き込んでも ザ・シネマ側にそれが表示されるまでにはタイムラグがあります。悪しからずご了承ください。

みんなの映画レビュー

    • 鑑賞日 -
    • 感動。

こんなに心を動かされる映画は初めてだった。歌のうまさはもちろんだけど、後からビヨンセが出ていたということも知ってさらに衝撃だったぐらいに演技力があった。定期的に見たい映画。

    • 鑑賞日 2017/10/20
    • SATCでキャリーの秘書のコ!

歌もダンスも衣装もすばらしかったけど、ちょっと長く感じた。
SATCでキャリーの秘書役で出ていた女の子が堂々たる演技で、オスカー獲得とか。完全にサラ・ジェシカ・パーカーを超えちゃったね。

    • 鑑賞日 -
    • 少女の自立ものがたり

 アメリカ行くと、やっぱし黒人、それも女性達がかなり辛い立場におかされてるんだな~とよく感じるので、この映画はブラックの小さい女の子たちに与えるインパクトはすごいものだと思う。ディズニーから何から、プリンセスものは白人ばっかだし。まずそういう意味で良かった!

 で、音楽目当てで内容は全く知らず見たら、面白くてビックリ!脇役が芸達者ばかりでビョンセ食いまくり。特にエフィは素晴らしい存在感、上手すぎて口パクかと思ったら、本人が歌ってるってことで二度ビックリ。
 衣装がかーなり最高!世界中のゲイの皆さんがこの映画に熱狂したそうで。少女が、しかもマイノリティの子たちがこんながんばってる姿はぐっときます。脇にくわれまくってたビョンセが、最後の最後で自立して一皮むけて堂々と歌うシーンもよかった。
こんだけ白人が一切出てこないメジャー映画もなかなか無いので、それだけで痛快ですね。

    • 鑑賞日 2017/9/3
    • エディ・マーフィがいい感じ

ディーナとローレル、エフィの3人は女性トリオ「ドリーメッツ」としてデトロイトの田舎で活動を開始するとあれこれを経て全米へと活躍の場を移し、例によって音楽業界の栄光と挫折を経験する。

スプリームスの活動をモデルにした伝記風のミュージカルである。

ダイアナ・ロスみたいなリードボーカルを歌っているのがビヨンセで、モデルがはっきりしないけど、多分ジェームズ・ブラウンとマーヴィン・ゲイを足したようなR&B真っしぐらの歌手がエディ・マーフィ。

音楽業界の栄光と挫折を経験するお話なので、ストーリーについては取り立てて目新しさはないが、出演者の歌唱力が素晴らしく、モータウン風のパワー系の楽曲も完成度が非常に高い。

特にエフィ役のジェニファー・ハドソン(元はアメリカン・アイドルに出てたらしい)は圧巻であった。

ただ、一番驚かされたのはエディ・マーフィで堂々たる歌いっぷりには感心した。

この人、歌上手いんだね🙄🙄

    • 鑑賞日 -

ジェニファー・ハドソンが主演なのかと思ったらビヨンセが主演だった。どっちもいいけどジェニファー・ハドソンが良すぎた。

小難しい映画ではなく、小気味よく、力強い音楽に圧倒されるミュージカル映画。黒人のことはジョークでどれだけこき下ろしてもいいという時代、黒人の曲は電波の悪い黒人局でしかほとんど流れないという時代。ちょうどキング牧師の時代に、「白人に食い物にされない、黒人だけでつくった音楽を」と意気込むカーティスと、彼にプロデュースされたドリームガールズの成り上がりストーリー!

だけで終わらず、売り出すためなら手段を選ばないカーティスの元で噴出する矛盾・不満……。という構成なので「黒人だけの!」というようなメッセージ性はやや薄められ、どちらかというと「一個人としての独立」が強調されていたような。もちろんそれと黒人解放運動の根っこは同じなんだけど。そういう意味では、フェミニズム的な要素も多少アリ。

原題

DREAMGIRLS

監督

ビル・コンドン

出演

ジェイミー・フォックスビヨンセ・ノウルズエディ・マーフィジェニファー・ハドソンほか

製作国

アメリカ

製作年

2006

本編時間

131分

画面サイズ

ワイド画面

視聴制限

なし

字幕/吹き替え

字幕

カラー/白黒

カラー

『ドリームガールズ』© 2017 DW Studios LLC and Paramount Pictures Corporation. All Rights Reserved.
このページの先頭へ
ページトップへ