モネ・ゲーム

美術鑑定士の贋作詐欺は誤算だらけ…コリン・ファース&キャメロン・ディアス競演で描く犯罪コメディ
© 2012 GAMBIT PICTURES LIMITED

解説

66年のコメディ映画『泥棒貴族』をコーエン兄弟による脚本でリメイク。何をやってもうまくいかない美術鑑定士役のコリン・ファースと、自由奔放なテキサス美女役のキャメロン・ディアスの凸凹ぶりが笑いを誘う。

ストーリー

ロンドンの富豪シャバンダーの下で働いていた美術鑑定士ハリーは、消息不明となったモネの連作「積みわら」の贋作を利用して大金をせしめようと計画。知人の退役軍人ネルソン少佐にモネの贋作を描かせ、テキサスに住むロデオ・クイーンのPJを絵の所有者に仕立て上げ、シャバンダーに売りつけようというのだ。ハリーはPJをロンドンに呼んでシャバンダーと面会させるが、シャバンダーがPJに夢中となり計画が大きく狂っていく。

放送日時

2017年03月03日(金) 17:30 - 19:15

2017年03月06日(月) 19:15 - 21:00

2017年03月11日(土) 06:00 - 07:45

2017年03月15日(水) 07:00 - 08:45

2017年03月21日(火) 深夜 00:30 - 深夜 02:30

ザ・シネマでは、映画本編開始前にオープニング映像および番組宣伝等が入りますが、各作品の「本編時間」には含まれておりません。あらかじめご了承ください。
※番組内容・放送スケジュールは都合により変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。

※ザ・シネマのウェブサイトがKINENOTEのユーザー・レビューを読み込みに行くのは1日に1度、早朝ですので、KINENOTEに感想を書き込んでも ザ・シネマ側にそれが表示されるまでにはタイムラグがあります。悪しからずご了承ください。

みんなの映画レビュー

    • 鑑賞日 2017/2/20
    • さほど可笑しくない喜劇だけど、キャメロン嬢が楽しいので無問題。

レンタルDVDで観た。

オープニングタイトルはアニメで「ピンクパンサー」を思わせるもの。
でも「ピンクパンサー」で大笑いするのとは逆に本作品はクスクス笑いの映画。

日本人ビジネスマン数人が単なるコメディリリーフかと思えば、どんでん返しに関わっている。あ、そういえばアラン・リックマンはモネのオークションで日本人と競り合って獲得したしたんだよなあ、と想い出す。

これはバブル景気にゴッホの絵画を落札した日本人を思い浮かべたんだろうけれど、もう21世紀に入っているし、日本も中国に経済的に抜かれたんだから、今ごろ描いてもね、時代遅れだよ。思わず1980年代の映画かよ、と思ったりして。

バカそうに見えて実は頭が切れる女性をキャメロン・ディアスを配しているのも良かった。まあ、40代なのに、なんかキャピキャピしているというのもなあ、と思ったりしたら女性差別か。
とある女優さんが不満を漏らしたけれど、女優は年取ったら役が無い、と。だから、逆に40代でこういう役ができるのも、そういうオファーをした方も、むしろ立派と言うべきか。

私は50代なのでこういう女性が近くにいたら、年は問題ないし、お近づきになりたいね。楽しそう。

    • 鑑賞日 2017/2/19
    • タイトルロール

アニメーションのタイトルロールは期待感を押し上げたけど・・
展開は今ひとつ
個々のシーケンスは面白い部分もあったのだけど、最初に企てを映像で見せていてそれとのギャップの展開の差がもう一つ。
最後のオチの爽快感に持ってこれなかったのが致命的

    • 鑑賞日 2016/7/20
    • テキサスも遠いが、ジャパンはさらに遠い。

懐かしさいっぱいのアニメーションのタイトル・ロール、「泥棒貴族」は未見だが、
オリジナルへのオマージュを感じさせる。まずは名優たちの怪演で度肝を抜き、
名画の香りには程遠い連中ばかりを次々に登場させ、虚々実々の騙し合いが始まる。
特に、A・リックマンのクレージーぶりにはぶっ飛ぶ。
テキサス人、日本人を揶揄する前に、本作のメイン、英国人を笑い飛ばす。
この順番はけっこうシビア。人種問題に繊細なアメリカ人は、単純な間違いは犯さない。
スーツのズボンが外壁の冒険行で行方不明になり、珍妙なスタイルでホテル内を歩く
ジェントルマンを演じられるのは英国人俳優のみ。
C・ファースならでは絶品の芝居で、文句なし。
本作の日本人の描写が嫌だ、という人も多いかもしれないが、このデフォルメは
許容範囲で、ただ単にテキサスより遠いという意味の茶化し方だと思う。
本作の日本人は、大昭和製紙の斎藤了英がモデルかな。

    • 鑑賞日 2016/12/12
    • 普通かな。

 詐欺とはいかないかもしれないけど、詐欺まがいの復讐かな?そんな内容をコメディにしていた作品ですが、あまり面白くなかったかも。コメディといえばコメディだけど、すごく大笑いできるものではなかったし、ストーリーも魅力的なものではなかったんで。
ただ、ヒロインにキャメロン・ディアスを持ってきたのはよかったかなと思いました。とかくイギリス映画はコメディ映画でもなんか堅いイメージなので。ま、こんなものかなという作品でした。

    • 鑑賞日 2016/11/12

パンツ脱げるのとか別に面白くなかった。

原題

GAMBIT

監督

マイケル・ホフマン

出演

コリン・ファースキャメロン・ディアスアラン・リックマントム・コートネイほか

製作国

アメリカ

製作年

2012

本編時間

90分

画面サイズ

ワイド画面

視聴制限

なし

字幕/吹き替え

字幕

カラー/白黒

カラー

『モネ・ゲーム』© 2012 GAMBIT PICTURES LIMITED
このページの先頭へ
ページトップへ